動画キャプチャーソフト【Bandicam】の静止画キャプチャー機能はブログの味方!!

静止画キャプチャーは、すでに使ってるよ!!って方には、特に得るものがない記事です。静止画キャプチャーって、別に必要なくね?って思ってる方、超便利なので、一度、体験してみてください!!って記事です。

ゲームのプレイ画面をキャプチャーする為と、音声のマルチトラック録音をしようと思って購入した【Bandicam】ですが、すごく便利な機能がありました。

静止画キャプチャーです。

これぐらいだったら、フリーソフトでも出来るのでしょうが、ワタクシは、静止画をキャプチャーする事に関しては、あまり関心がなかったのです。

しかし、この機能を使ってしまうと、後戻りできません。

ブログをされている方にオススメです!!

このソフトを購入する必要もないですが、是非とも、一度、「静止画キャプチャー」を使ってみてください。

フリーソフトで、いっぱいあると思います。

目次

スクリーンショットと編集

今までワタクシは、パソコンの画面を保存するために、Windowsのスクリーンショットを使っていました。

その後、編集ソフトでトリミングをしてリサイズ。

まぁ、トリミングが面倒でした。

知っている人は、静止画キャプチャーを使っているのでしょうが、残念ながらワタクシは、パソコンの画面を保存するのは「スクリーンショット」と、思い込んでいたのです・・・。

しかし、今回「Bandicam」を購入して、画面サイズ指定で録画できる機能を手に入れました。

そこで、サイズ指定の静止画キャプチャーも出来るんじゃね?と、ふと思った訳です。

ワタクシはマニュアルを読んで、使い方を知ってから使用するのではなく、実戦で覚えていくタイプです(商品によりますが)。

今回も、それに漏れずでした。

なので、「Bandicam」の機能として備えられてる静止画キャプチャーは、使うことがない。と、思っていたのですが、間違いでした。

めちゃ便利です!!

画面サイズ指定モードにする

ワタクシは「Bandicam」を購入したので、その使い方になりますが、便利だよ!!って事は、わかってもらえると思うので、読んで頂けたらと思います。

ホーム画面です。

「指定した領域」の画面を録画するモードです。

アイコンをクリックすると、この画面になります。

ホットキーも割り振りできます。

その「特定の範囲」を指定する枠は、こんな感じです。

自由に大きさを変更できますし、アスペクト比での指定もできます。

画像の大きさを揃えたい場合は、便利ですね。

そして、地味に助かるのは、枠線の境界線を画像の右下に表示されているように「拡大」してくれる機能です。

このスクショを撮った時は、「なんか拡大されてる」ぐらいにしか思っていませんでしたが、使ってみると超便利!!

「ピッタリにトリミングしたつもりがはみ出てた」

「ピッタリのつもりが、ちょっと削ってしまってた」

なんて、ワタクシは高確率で発生している事案です。

それが無くなります。

で、実際にスクショしてみます。

黒枠内にスクショしたい画像を入れます。

で、矢印先のカメラのアイコンをクリックするか、ホットキーを押します。


ちょっと画面が違いますが、同じ方法でスクショした画像です。

トリミングされた状態で保存されました。

あとは、アップロードするだけです。

画像サイズを変更したい場合は編集が必要ですが、このぐらいの大きさの画像であれば、ワタクシはそのままにしています。

ただし、一度、Googleフォトにアップロードしています。

すると、Googleフォトのバックアップモードで、勝手に画質を抑えて保存してくれて、ファイルサイズも小さくなります。

で、再度、ダウンロード。

一度、アップロードするのが手間かも知れませんが、ワタクシは、自宅のパソコンでブログを書くことは少なく、外出先でiPadを使って書くことが多いのです。

その為、どちらにしてもクラウド保存しておかないと、

  • ブログが書きたい
  • 画像を挿入したい

って時に、出来ない場面が訪れるので、そうならないように、パソコンの画像は全て、Googleフォトにアップロードするようにしているので、特に手間とは感じていません。

それよりも、画質の低下はあっても、ファイルサイズが小さくなる恩恵の方が大きいと感じています。

それに、特に画質が悪いとも感じません。

メリットしか無い気がするのです。

「Bandicam」に戻ります。

特に設定は必要なく、あったとしても

この画面で表示されている内容だけです。

フォーマットをどうするかで、データサイズも変わってくるので、環境に合わせて変更すれば良いと思います。

詳細設定をクリックすると

ウォーターマークを入れるかの設定ができます。

ワタクシは、今のところ設定していません。

また、静止画の保存先ですが、動画の保存先と一緒です。

欲を言えば、動画と静止画の保存先を別々で設定できたらよかったです。

結果、超便利!!

どうでしょうか?

めっちゃ簡単ですよね?

使い方によっては、写真の画像をパソコン上で表示した上で、この機能を使ってスクショすれば、簡単にトリミングができます。

動画に関しても、再生をストップさせてスクショ。

グレーな方法かもしれませんが、YouTubeなどの動画も簡単にスクショができますし、再生した状態で録画すると、画質は悪いかもしれませんが、動画そのものも、パソコン画面を録画した動画として保存できます(これはワタクシは試していないので、もしかするとコピーガードのような何かに引っかかるかもしれません。あと、著作権にはお気をつけを)。

特に設定をしなくてもです。

本当に、今までスクショして、編集ソフトでトリミングを行っていた、今までのワタクシに、

なぜ、早く気付かなかったのだ!!

と、言ってやりたいです。

本当に便利です!!

めっちゃ時間短縮になります!!

ぜひぜひ、ご活用を・・・

ではでは・・・

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる