ママチャリのリアブレーキ(ローラーブレーキ)をキャリパーブレーキに交換してみた

先日、ママチャリのリアタイヤがパンクしたのです。

ホームセンターで購入した15,000円ぐらいのママチャリです。

以前もフロントタイヤ・リアタイヤ・ブレーキワイヤー・変速機などを交換して、もはや

「新しいの買った方が安いんじゃね?」

って感じです。

7年以上、乗っていて、サビも目立っているので悩みました。

そして、ほぼ毎日のように乗っているので、すでに元は取っていると思います。

皆さんも、ママチャリを買い替えるか、修理するか悩んだ経験はないでしょうか?

で、今回も悩んだのですが、結局、チューブ交換とタイヤ交換(タイヤも寿命でした)を行った訳ですが、その時に、ミスをしてしまった訳で・・・。

目次

キャリパーブレーキ化に至った経緯

タイヤ交換とチューブ交換なのに、「キャリパーブレーキに交換」ってなぜ?

「最終調整をする前に、ネジの点検をしよう!!」

大事なので、書きました。

ワタクシの今回の失敗がこれです。

タイヤ交換を行った際に、ローラーブレーキ(ママチャリの大半に使用されているリアブレーキ)のネジを1本、取り付けするのを忘れた訳です。

この部分のボルトナットです。

ローラーブレーキのアーム?といえば良いのでしょうか?

それを固定するのを忘れていたのです。

そして、そのままブレーキワイヤーの調整をするために走行して、ブレーキをかけると・・・。

上の写真のように(整備するために逆さまにしています)、ローラーがホイールと一緒に「ぐるん」と共回りして、固定されてしまったのです。

ワイヤーを緩めたら、ブレーキは解除されたので一安心でしたが、フリーで動いていたはずのアームが元に戻りません。

ここで、もう一度、頭によぎりました。

「買い換えた方が安い」と・・・。

しかし、チューブとタイヤを交換したばかりです。

勿体ないです。

なので、ブレーキを交換しようと思ったのですが、そのままでは面白くありません。

そこで考えたのが

「キャリパーブレーキ化」です。

正直、ママチャリの整備性の悪さに辟易していたのです。

タイヤ交換の為に、ブレーキワイヤーを外したり、フェンダーを外したり、チェーンカバーを外したり。と、外すパーツが多すぎです。

その整備性を手に入れる為にも、頑張ってみました。

ちなみに、ちょっと前に、漕いだ時に「チャカチャカ」と、音がうるさかったので、ある程度バラして注油した時に、フェンダーやらは全て外していました。

TEKTRO キャリパーブレーキ

安くて良さそうな商品を選びました。

Amazonのコメントを見ると、定番商品みたいですね。

値段も安くて懐に優しいです。

クリックすると、大きくなります。

これをママチャリに取り付けします。

取り付け位置の確認

元々、フェンダーを固定していたステーがあったので、そこに取り付けしようと考えていました。

特に、ブレーキのアームとホイールのリムまでの距離を測って購入した訳では無いのですが、良い感じになりそうです。

この赤丸のステー部分に穴を開けて取り付けしようと思います。

仮当てをしたのですが、ちょうど良い感じですね。

うまく行きそうな予感です。

ちなみに、ブレーキワイヤーを外してみると

こんな感じでほどけてしまっていました。

ステーに穴を開ける前に

さて、ステーに穴を開けないといけませんが、何ミリの穴を開けないといけないのかを調べる必要があります。

そんなときはコレ

デジタルノギスです。

ホームセンターのコーナンで、10年近く前に購入してました。

DIY用なので、安かった記憶があります。

これで測定します。

こんな感じで、ゼロにしてからです。

何回か測定しましょう。

とりあえず「6ミリ」の穴を開けることを目標に頑張ります。

穴あけ開始です

穴を開けるのも工具が必要です。

これまた何年も前に購入したドリル刃セットです。

これの「1.5ミリ」を使用します。

ここで、一気に「6ミリ」の穴を開けようとすれば、多分、失敗しますよ。

失敗すれば、元には戻せないので、慎重に作業します。

ドリルチャックを使用します。

相手は鉄なので、電動ドリルに直接、刃を装着しても、共回りしてしまう可能性が高いです。しっかりと刃を装着します。

ちなみに、電動ドリルに装着しているバッテリーは、純正品ではありません。

Amazonにて2年前に購入した、容量が大きめのバッテリーです。

色々なメーカーがヒットしますが、まぁ、ブランドが違うだけで同じ商品(外見は違うかもしれませんが)だと思います。

しかし、安くて2個セットなのでお買い得です。

ちょっとずつ、ドリルのトリガーを引いて、ちょっとだけ「キズ」を入れる感覚で、ちょいちょいドリルを回転させていきます。

一気にトリガーを引いてしまうと、ポンチで位置決めをしている訳では無いので、ズレてキズだらけになります。

これぐらいの凹みができたら、次の段階に進みます。

お次は「3ミリ」で作業です。

失敗しないコツは、時間がかかっても

「ちょっとずつ」です。

凹みが大きくなりました。

そして、また次の段階にいきます。

お次は「4.5ミリ」です。

ここで「6ミリ」にしようか悩んだのですが、そこまで時間がかからない作業なので、慎重に行くことにしました。

次の作業で「6ミリ」の刃を使用するので、貫通させて穴を開けました。

しかし、中央から、ちょっとだけ手前方向にズレてしまってます。

6ミリの穴を開けた時に不安です。

6ミリともなると、かなり太く感じます。

やはり、手前がちょっとギリギリになってしまいました。

大丈夫かな〜?

とりあえず、目標の6ミリまで到達したので、キャリパーが通るか試します。

はい。通りません。予想通りですが・・・。

その為、6.5ミリの刃を使って、穴を大きくします。が、バリをとる感じで軽く当てます。

ちょっとだけ大きくなりました。

無事にキャリパーが通りました。

これで仮止めします。

ここからはワイヤーの作業に移行します。

ワイヤーの取り回しを変えよう

元々は、リアホイールの中央部分にブレーキワイヤーが伸びていました。

これをサドル下まで持ってきます。

ワイヤーステーから抜いて、上に持ってきます。

キャリパーを横からみた感じです。

一気にスポーティーな感じになりました。

ワイヤーを固定する前に、キャリパーを固定してあげます。

まずはここにワイヤーを通します。

先端がほどけた状態だったので、まとめるのに苦労しました。

お次は、このワイヤーを固定するための、穴が空いたボルトに通します。

綺麗なワイヤーだと、この状態でスルッと入るのでしょうが、ワタクシは無理でした。

一度、ボルトを外して通さないと通りませんでした。

無事に開通。

あとは適当に引っ張って、ブレーキパッドがリムに触れるクリアランスを調整して、ボルトを締めてあげるだけです。

で、パッドのセンター調整です。

ここで調整するのですが、なぜに自転車って奇数ミリのナットなどが多いのでしょうかね?

ちなみにワタクシは、シグネットのスイベルギアレンチを愛用しています。

今は新商品?スパナの部分もラチェット構造になってるみたいです。

FACOMのスパナみたいですね~。

ちなみに、こんな感じ

このあたりは、何度か走行して、ブレーキかけてを繰り返して調整しました。

ちなみにですが、無理矢理にワイヤーを再利用したので、パツンパツンで、ブレーキの戻りが悪いです。

ダイソーにブレーキワイヤーが売っているので、次回、しっかりとした長さを確保して作業します。

ちなみにローラーブレーキを取り外すと、ホイールが装着できなくなるので、そのままです。

こんな感じでタイラップで固定してます。

あまり引っ張りすぎると、ブレーキが効いてしまうので、優しくです。

ブレーキワイヤーの交換

ダイソーで100円で購入したブレーキワイヤー。

今回も購入しようと思ったのですが、売っていませんでした。ダイソーの通販も「売り切れ」の文字が・・・。

廃盤になったのでしょうか?

仕方なく、ホームセンターで500円ぐらい出して購入しました。

普通のブレーキワイヤーです。

こんな感じでギリギリの(無理矢理つなげてる)状態なので、交換が必須です。

って事で交換です。

交換自体は簡単ですね。

キャリパーのブレーキワイヤーを固定しているネジを緩めて、ブレーキレバーの、ここの裏側に入っているタイコ部分を抜いて、引っ張ると抜けます。

そして、アウターを取り外すだけですね。

まずはアウターを、ブレーキレバーに取り付けて、目的の場所へと通します。

ゆとりを持って、テンションがかからないようにします。

前回は、パツンパツンだったので、大きくアールを描くようにしました。

で、アウターを切断です。

汚いです。

アウターの中には鉄?アルミ?が入っているので、ニッパーやワイヤーカッターなどで切ると、断面が潰れます。

仕方ないので、ニードルなどで、穴を広げてワイヤーを通します。

ワイヤーを通す前に

意味があるかは不明ですが、ワイヤーの動きを良くするために、このシリコングリスを、ワイヤーに薄く塗ってからワイヤーを通しました。

まぁ、グリス等は必須では無いので、無ければ、そのままでもいいと思います。

で、ワイヤーを切断です。

ワイヤーカッターです。

ニッパーなどでも、無理矢理、切断もできますが、切断面がささくれて、エンドキャップが入らなかったりするので、できればワイヤーカーッターで切断したいですね。

で、ブレーキワイヤーの調整ですが、ワタクシは、キャリパーをリムに押し付けた状態で、ワイヤーを引っ張って固定しました。

何回かブレーキレバーをニギニギすると、若干ですが、ワイヤーが戻るので、シューとリムの間に隙間ができます。

これでOKです。

最終チェック・・・。

ここで問題発生!!

ブレーキは効いたのですが、シューを見ると、斜めに傾いてます。

シューのネジ止めが緩かったのかな?と、思ったのですが・・・

キャリパーを取り付けているステーが、ブレーキの力に耐えられず。曲がってしまってました。

すごい力なんですね〜。ブレーキって・・・。

このステーの補強が必要です。

ホームセンターなので、程よい鉄製のステーかを購入して、次は補強しようと思います。

おまけの作業です

ホームセンターママチャリの宿命?

サドルのポールがサビサビです。

ついでに、適当というか、かなり大雑把に錆び取りしました。

ポール部分だけです。

なんか、むか〜しに購入した安いドリルセットについてた物です。

これで削っていきます。

こんな感じで、かなり荒い番手のヤスリで削った感じで、サビが取れました。

このあと、耐水ペーパーなどで磨いてあげれば綺麗になるのでしょうが、面倒なので、これで終了です。

そして、効果があるかは不明ですが、

家を物色していたら発見した、これまた、むか〜しに購入したシリコングリスがあったので、ブレーキパッドなどに使用する用途ですが、

塗って、最後はタオルで拭き取りました。

サビ防止になるかは不明ですが、やらないよりかはマシ?

蚊取り線香に感謝

ワタクシは蚊に噛まれやすいのです・・・。

ケースは金鳥の最強蚊取り線香と、ホームセンターの人に勧められたので、購入して、2つ付けて作業しました。

一度も蚊に噛まれませんでした。

感謝。

ではでは・・・

      

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる