Canon「iNSPiC PV-123」スマホ専用ミニフォトプリンターはプレゼントに最適!!

スマホで写真を撮影するのが当たり前の時代ですが、みなさん

「現像」

してますか?(古い言い方・・・)

撮影しただけで満足してませんか?

ワタクシは「画像」として残すための撮影が多いのですが(ブログの為)、若い人たちは、思い出を残す為の写真があった方が、やはり友達との思い出を残すために重要だと思います。

プリント倶楽部。は登録商標ですかね?

まぁ、一般的に「プリクラ」に言われている物は、ワタクシの学生時代に出現して、大流行でした。

今も「デコ?」って楽しんでる人は多いと思います。

それが「スマホ」で出来たら?

しかも、以前に撮影した写真をデコったり「プリクラ」が無い、外出先で出来たら?

それを実現した商品が

「Canon iNSPiC PV-123」

だと思います。

ワタクシは使用していませんが(娘のサンタさんプレゼントです)

かなり楽しんで使っている模様です。

目次

「チェキが欲しい」とせがまれたが・・・

2年前に遡ります。

娘が、サンタさんへのプレゼントに「チェキ」が欲しいと、言い出しました。

再ブレークだったのでしょうか?

YouTube?tiktok?で、何処からか知識を得た娘。

ポラロイドカメラが憧れだったワタクシから考えても、わからないでもない考え。

「ロモカメラ」を、持っていたワタクシです。

しか~し、娘の性格からして

「絶対に使わなくなる」

と、大人の事情で「もったない」と判断したワタクシは

「ポーダブルプリンター」を思い出したのです。

すでにスマホで写真を撮りまくっている娘です。

絶対に「ポーダブルプリンター」の方が活用できる。

と、考えて、大人げなく娘の欲しい物を色々な言い回しで、このプリンターに興味が行くように説得?したワタクシでした。

結果は大成功でした。

誕生日やクリスマスプレゼントに悩んでいる親御様には、かなり重宝される商品だと思っているのですが、いまいち認知度が低い気がします。

残念です。

絶対に

誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントに最適!!

と思っています。

せっかくいい商品なのに・・・。

本体の写真です。

お約束な「開封の儀」は、ありません。

なんせ、2年前ぐらいに購入した・・・(サンタさんからのプレゼントでした)商品ですので・・・。

内容物の写真です。

本体と充電ケーブル、説明書と用紙です。

この用紙ですが、プリクラのように「シール」になっています。

シールである必要が無い事もあるので、普通の用紙も設定して、シールタイプより安い用紙があれば、もっと良かったのですが・・・。

しかし「充電」できるのはポイントが高いですね!!

友達と遊んでる、その場でプリントが出来るのです。

そして、デコったり、印刷レイアウトを変更出来たりします。

専用アプリが必要で慣れも必要ですが、これは、何にだって当てはまります。

「使い難い」は「慣れていない」だけです。

まずは「慣れる事」に慣れましょう・・・。

接続方法は?

スマホとミニフォトプリンターの接続は、専用アプリをインストールすれば、勝手に機器を探してくれて(プリンターの電源オンが必要)、ペアリングできます。

スマホのBluetooth設定でペアリングをする必要はありません。

簡単ですが、専用アプリで「機器を探す」をタップして「機器登録」しないといけない事に慣れない方からすれば「ペアリングできない」と、なるかもですね。

めちゃくちゃ中途半端ですが、続きは後日・・。

とりあえず、写真だけサムネでアップ!!

こでだけでも興味でるでしょう!?!?

では、続きは後日です・・・

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる