テキトー人間がDIYで作る「スティック型クリーナー」のスタンド

先日、この掃除機を購入しました。

あわせて読みたい
【Dibea x RISOU スティック型コードレス掃除機 電動モップ付き RS-015】を徹底的にチェック これ、なにか分かりますか? ピンボケで申し訳ないですが、ちょっと濁っていますよね? これ、元々は 普通の透明の水道水です。 購入した掃除機の、電動モップヘッドで...

お手頃価格でヘッドも色々と付属して、中々、良い商品です!!

先日も、この掃除機のモップヘッドを使用して(乾式モード)、フローリングの艶出しをしました。

お気に入りです。

しかし、充電スタンドが付いていません。

なので、壁に穴を開けるか両面テープのみで、固定パーツを付けるしかありません。

こちらです。

脱脂をして両面テープのみで固定したのですが、やはり、重みで「コテン」と外れて倒れてしまいました。

汎用スタンドを購入したら解決ですが、商品を見てみると作れそうです。

そこで、余っている1×4材で「テキトーに」作ってみました。

「しっかり」とした、スタンドを自作しようとする方の参考になれば・・・。

目次

余ってる1X4材

「余ってる」と言うか、以前に作って今は使っていない「テキトー棚」です。

ただただ、切って繋げただけの棚です。

しかし、一つだけ拘りが!!

あわせて読みたい
1×4などの材木を繋ぎ合わせる便利な道具「Kreg ポケットホールジグ320」 クレッグと読むみたいです。 ケロッグじゃぁ無いみたいです。 【ポケットホールってどんな作業でどんな事ができるのか?】 ポケットホール。ワタクシもこういった加工作...

これです。

これね、便利です。

言葉で説明するよりも、購入して実際に使えば「おっ!!」て、思うはずです。

こちらです。

専用クランプのセットもあるので、同時に揃えると、さらに便利に使えます。

この棚板が2セットあるので、それを分解します。

ポケットホールジグを使用したネジ穴です。

適当に開けてるので、位置が違いますが・・・。

まぁ、穴あけ実験をした時の材を使っているので・・・。

見えなくなるので「テキトー」です。

1X4 材を使用する場合

32ミリのコースレッドを使用します。

右下の銀色のネジは、専用品です。

ネジ頭が四角になっていて、平ビスになってます。

まぁ、高いので普通のコースレッドでもOKです。

ただ、普通の木ネジは使わない方がいいです。

ネジ山が頭まで切ってる木ネジですね。

それを使うと、繋げたい木材が引っ張られずに、隙間が出来てしまいます。

DIYで一度は経験する失敗だと思いますが・・・。

この木材を使って作っていきます。

手抜きDIYです!!

台座を作る

掃除機の重量を支える重要な部分です。

しかし「テキトー&手抜き」です。

脚の2つを外して、棚だった下側のツラに合わせて繋ぎます。

すでに、ポケットホールの穴が開いてるのでクランプで固定してねじ止めするだけです。

横側にも付けます。

ちなみに「テキトー」に穴を開けた。と、説明しましたが、意味はあります。

同じ穴位置にすると「取り付け時に、同じネジ位置になる」です。

当たり前です。

しかし、そうすると、幅が小さい場合は「ネジとネジ穴が干渉」してしまい、取り付けが出来なくなります。

大きな板を使用する場合は問題ないですが、小さな物を作る時は「干渉」を考えて「テレコ(交互)」になるように考えないとダメです。

その為に、穴位置を「ズラす」必要があります。

反対側にも脚を付けますが、クランプの長さが足りないので、当て木を使ってズレないように無理矢理に固定して、ビス打ちをします。

出来上がったのがこちら。

余ってる材で作ってるのでツギハギですが、一から作れば、もっとしっかりとできると思います。

しかし、これでは高さが足りません。

もう一つの「テキトー棚」を分解して、高さを補います。

あれば便利「ラクダ 2X4定規」

高さを補う前に、このままだとテコの原理で、上に引っ掛けた掃除機の重さに耐えられず、

「バキッ!!」って、手前に根本が折れる可能性があります。

その補強をします。

そこで(ここでなくても)、便利なのがこちら!!

「ラクダ 2X4定規」です。

1×4でも使えます。

1ミリ単位で正確に使えるか?と、言われれば「無理」です。

が、DIYでは十分です。

清水製作所
¥473 (2021/09/27 05:33時点 | Amazon調べ)

めっちゃ便利です。

これを使って、穴位置を決めます。

こんな感じで当てがって、鉛筆(が、最適)で目印を付けます。

ワタクシは、手元に鉛筆が無かったのでボールペンですが・・・。

この目印に向かってビス打ちです。

が・・・

多分、こうなるだろうと予想していましたが、割れました。

下穴を開けなかったからですね。

なので、反対側は下穴を開けました。

ドリルチャックでドリルの刃を固定して穴あけです。

今度は割れずに済みました。

下穴は大事ですね。

わかってて作業してるので気にしませんが、しっかりと作ろうと思う人は、下穴を開けて下さいね!!

背中側からもビス打ちします。

背が高いスタンドで、手前に重量が掛かるので、もげない為の対策です。

本来なら、ステンレスステーなどを使って固定した方が良いのでしょうが、手持ちで無かったので「テキトー」です。

できあがりました

台座さえ出来上がれば、あとは高さを補うために、分解した棚の長い方を繋げるだけです。

ここは、ポケットホールの固定方法では強度的に不安だったので(穴あけするのが面倒だった訳じゃないですよ・・・まぁ、面倒だったので止めたのも理由の一つでもありますが・・・)余ってる材を使って繋げました。

見た目なんて関係ないと言わんばかりの出来上がりです。

ちょっと台座の手前側の長さが足りないかな?と、思いましたが、長いと邪魔になるので「倒れなければOK」です。

掃除機を掛けてみました。

台座の水平が「テキトー」なので、ちょっとグラつきますが、全く問題ないです!!

工具も頑張れば、ドライバーのみで作れます。

ただし、木材カットはホームセンターでお願いする必要があるのと、ビスをねじ込むのが大変ですが・・・。

1X4材なんて安い物なので、500円ぐらいで作れると思いますよ!!

最後に

見てもらえばわかるように「テキトー」です・・・。

これを参考に、しっかりとした台を作ってもいいのですが、いかんせん、賃貸ハイツでは作業に限界がありまして・・・。

サイド部分にL字ステーを使ったりして、オプションの隙間ノズルやヘッドを引っ掛けようとは思います。

本当は、トリマを使って角を落としたり、段付きにしたりして作りたいのですが・・・

ちなみに「トリマ」って、こやつです

リョービ(Ryobi)
¥9,351 (2021/09/29 05:39時点 | Amazon調べ)

実はね、ワタクシは持ってます。

使いたいのですが、試しで作動させてみると、音が大きくて気が引けて使っていません。

(ハイツなので近所迷惑)

また、粉塵もかなり出ます。

で、部屋でどうにか出来なかと悩んでいますが、まだ実行には至っていません。

多分、耳栓・集塵機・周りを保護するシートなどなど・・・が必要になりますしね~。

また、部屋の改装が上手くいったときに考えます!!

ではでは・・・

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる