加熱式たばこ「glo Hyper+」の本体価格が「480円」で衝動買い

喫煙を推奨する記事ではありません。また、電子タバコの安全性を謳う記事でもありません。

ワタクシはタバコを吸う人間です。

家族からは「くさい」と言われて肩身が狭い思いです。

つい先日、コンビニでいつものタバコを購入すると

「当たりが出ました」と。

???

何かと思えば「glo Hyper用タバコ」が当たったと。

「glo」自体は発売当初に購入して利用していましたが、今までの紙タバコに戻ってきたワタクシです。

当たった事をきっかけに、ちょっと調べてみると本体価格が、なんとおどろき

480円!!

見た瞬間は「何の詐欺サイトだ」と思いましたが、本当でした・・・。

そして、まんまと「キャンペーンの罠」にハマったワタクシでした。

翌日、同じコンビニで同じ紙タバコを購入すると、また

「当たりが出ました」

・・・・・

全員に当たりが出るんじゃないの?

と、思ったのは内緒です。

まぁ、ありがたいですけどね~

目次

ワタクシの「加熱式たばこ」の経歴?

初めて加熱式たばこを購入したのは、流行を作り出した

「アイコス」

です。

家電芸人で紹介されたのだったかな?

〇〇芸人だったかな?が、きっかけで当初は売り切れ続出。入手困難になっていた商品です。

ふらっと立ち寄ったコンビニで偶然、販売していたので即買い。

電子マネーのキャンペーンで、価格の半分ぐらいのポイントが還元された記憶です。

それからは「アイコス」を「アイ用」してたのですが

「のどが痛い」

当時、よく耳にした弊害?がありました。

慣れれば問題なかったですが・・・。

しかし、ワタクシの不注意ですが、フィルター部分と葉っぱの部分とを逆にして挿して、気付かずにスイッチオン。

・・・

フィルターが溶けて加熱ブレードがねちゃねちゃ。

を、数回繰り返し、故障しました。

一回は無償交換してもらえる。と、ありがたい保証があったので、交換してもらいましたが、今度は加熱ブレードが

「ぽきっ」

折れてしまいました。

本体が高かったので、再度購入する気もなれずにいたところ

5,000円程だったかな?4,000円だったかな?で、新たな加熱式たばこ

「glo」

が発売されました。

買いました。

これは「アイコス」と違って「のどの痛み」は感じなかったのですが、「たばこ感」がアイコスに比べて薄かったです。

しかし、せっかく購入した商品です。使わないと「もったいない」と思って使っていたのですが、充電の煩わしさと、当初から感じていた

「タバコの細さ」

がネックとなり、次第に使用しなくなりました。

それから月日が流れ

「プルームテック」

なる新しい加熱式たばこ?が発売されました。

まだ全国販売する前だったので、コンビニなどでは購入できずに、直販サイトで運よく購入することが出来ました。

これも発売当初は入手困難でした。

色々なフレーバーがあって面白そう。

・・・

怒られるかもしれませんが、

「蒸気たばこ」

と言うのでしょうか?

味がついた水蒸気を吸ってるだけの感覚で、全くもって

「たばこ」

とは思えませんでした。

加熱式たばこが発売される、かなり前に発売されていた、同じような「蒸気たばこ?」みたいな感じで、水蒸気を吸って水蒸気を吐き出している

「疑似たばこ」

感覚で、ほぼ使用せずに終わりました。

これなら「ココアシガレット」とおな・・・。

スミマセン。

それ以来、「加熱式たばこ」からは遠のいていましたが、本体価格の安さと

「当選したタバコ」が

勿体ない

と言う大義名分を手に入れたワタクシは、

glo Hyper+

をキャンペーンの罠と知りつつ購入したのであります。

glo Hiper+ 公式HPで注文しよう

コンビニでも気軽に購入できる電子タバコですが、「glo Hyper+」を480円で購入するのには、メーカーHPで購入する必要があるみたいです。

コンビニでも購入できるみたいですが、販売価格が違うみたいです。

また、メーカーHPで購入すると、本体価格以外に送料が必要になりますが、サンプル品としてタバコが1箱ついてきます。

また、2021年6月30日までのキャンペーンで、gloを初めて購入(恐らく以前に購入していても、商品登録をしていない場合は適用)する場合に限り

「0円(送料は別途必要」

だったみたいです。

ワタクシ気が付かずに、普通に購入しましたが、そのかわりタバコが1箱サービスでした。

ワタクシのように、コンビニのキャンペーンでタバコ1箱が当選した方は、このキャンペーンを利用した方がお得かもしれません。

商品が届いたので開封です

メーカーHPにて注文して2日後には届きました。

迅速な対応です。

ありがたいです。

小柄な箱で到着しました。

本体が嵌め込まれて、タバコは無造作に入っていました。

フィルムで覆われている写真と、剥いた写真です。

別記事でも書きましたが、やはり「iPhone」ちっくですね。

フタの裏側にもデザインがあっておしゃれな感じです。

しかし、何度もいいますが、このパッケージング方法は、やはり「iPhone」の影響が大きいと思います。

本体を取ると、下には取説や充電器・ケーブルが入っています。

もはや定番のパッケージング方法ですね。

次に流行るパッケージング方法はどんな感じになるのでしょうか?

充電器です。

初期型gloは残念ながら「処分」してしまったのですが、充電器は何かに利用できると思って保存(利用)しているので見比べてみました。

「MADE IN CHINA」の下の数字が違うのと、右上の「PSEマーク」の左側が、イラストなのか文字なのかの違いはありますが、それ以外は全く同じでした。

一般的に「同じ物」で間違いないですね。

本体の紹介

ワタクシは本体は「ホワイト」サイドは「オーロラ」?で注文しました。

この商品は、本体をサイド部分を、好みの組み合わせで注文できます。

本体の色によって、サイドの色が選択出来たりできなかったりで、完全にフリーな組み合わせが出来るわけでないですが、いい感じです。

本体の大きさで感じるのは、初期型と同じくらいの大きさかな?です。

重量は重くなった感じがします。

初期型を処分してしまったので、記憶の中での話です。

底の部分です。

電子タバコは「メンテフリー」ではありません。

紙タバコのように、吸い終わったら「ぽいっ」ではなく、本体はそのまま使用し続けます。

その本体の中に溜まった葉カス?とでもいいましょうか。その掃除が必要になってきます。

本体付属の、配管詰まりを掃除する道具みたいな、針金にブラシが付いているお掃除道具です。

真ん中の部品がそれです。

これを上部タバコ挿入口から差し込んで、下からごみが出るようになっているフタです。

定期的に掃除しないと、ゴミが付着して、タバコが入りにくくなったり、入らなくなったりします(初期型で経験済み)。

その、タバコ挿入口です。

紙タバコとの大きさ比較

ワタクシが普段、吸っているタバコとの比較です。

偶然的に同じような色です。

かなり小さいです。

タバコ自体の大きさ比較です。

初期型gloに比べると、かなり太くなっています。

長さは同じくらいかな?

ちなみにワタクシのタバコは、いわゆる「ロング」タイプです。

太さ比較です。

フィルター部分が中空になっています。

紙タバコとの比較

これは、すでに語りつくされているかもしれませんが、ワタクシの所見です。

まず

・痰が絡む

これは「アイコス」の「のどが痛い」と同じで(慣れれば大丈夫でした)、慣れるまでは、のどに違和感を感じました。

ワタクシの場合は「痰が絡む」です。

これは初期型gloでも感じたことです。

何故かは不明ですが、1~2吸いした程度で感じられる違和感です。

そして「セキがでる」です。

「むせる」とでも言いましょうか?

しかし、これは初めて紙タバコを吸った時「むせた」「せき込んだ」と同じだと思います。

電子タバコが異常な訳ではなく「慣れない異物が体に入ってきている」為の、抗原抗体反応に近いと感じます。

紙タバコも吸っていくにつれて慣れてきます。

それと同じで、電子タバコも慣れれば大丈夫になってきます。

アイコス・初期型glo・プルームテック

を使用したワタクシが経験した事です。

味わいは?

これは比較が難しいですね。

「燃やす」と「加熱」は、根本的に処理方法が違います。

「焼く」と「炒める」の、調理方法と同じです。

同じ食材でも、焼く調理法と炒める調理法では、味が全く異なります。

「独特な味わい」は、今までは「焼肉」しか食べたことしか無かった人が「牛しゃぶ」を食べて、違和感を感じるのと同じだと思います(分かり難い?)。

まぁ、「慣れ」の問題かと思います。

臭い匂いにおい

タバコの嫌われる理由の一つとしての

くさい

臭い?匂い?ニオイ?です。

個人的には紙タバコのニオイよりかは、衣服や体に染みつく感じは無いです。

ただし、紙タバコのニオイを知っている人からすると、ニオイの質が違うだけで「クサイ」との事です(嫁談)。

しかし、ワタクシは思うのです。

その「ニオイ」が「タバコ」と決めつけているから「クサイ」になるのでは?と。

これが「香水」の「ニオイ」だとすると「クサイ」では無く「好みのニオイでは無い」と、若干ですが、ニオイに対する肯定感を感じたりします・・・。

しかし、「染みつようなニオイ」ではない。

と、個人的に思います。

結果としては?

電子タバコが初めてな方に

「一度、この商品で試してみては?」

と思います。

送料が必要だったとしても、紙タバコ1箱の価格で購入できるのです。

もっと言葉を変えると

USB-Cのケーブル(100均で100円)と、USB充電器(5V-2A)(100均でも100円では無く200~300円)が付いてきて、なおかつ、電子タバコ本体と試供品(正規品と同じ商品)が付いてくる。

こう考えれば、お得な事この上無いと、ワタクシは思います。

ではでは・・・

glo「KENT TRUE RICH」3箱吸った後に紙タバコ

gloで3箱吸いました。

そして、紙タバコを買って吸ってみました。

口の中がスス苦い!!

紙タバコから加熱式タバコに変更した時は、慣れの問題だと思いました。

今回は、その逆。

加熱式タバコから紙タバコに変更したら・・・、口の中に煤を入れてる感じになり、ウェ〜ってなってしまったのです。

しかし、今まで何年も吸ってきたのです。また、すぐに慣れてくると思いきや、1箱吸うのも一苦労・・・。

なら吸うなよ。ですが、勿体無い。

数年前に「glo」を使っていた時も同じだったのですが、その時は、逆に戻した時も、すぐに慣れたのですが・・・。

何かが違うのでしょうか?

年齢のせいなのか・・・。

これからは「加熱式タバコ」オンリーになりそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる