男だけど脱毛に興味があって購入してみた脱毛器『Omuse』

この記事は体験レポートの為、使用する度に記事を更新していきます。
また、使用結果には個人差が出てきます。
体験レポートですが、100%の結果を保証するものではありません。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

近頃は男性用の美容品・美容器具も多く出てきていますが、若い方なら抵抗なく購入・使用ができるかもしれません。

しかし、ワタクシのような40代の方は、ちょっと興味がある程度では二の足を踏んでしまうのでは無いでしょうか?

その中で、今回は以前から気になる「脱毛器具」をワタクシは実際に購入して試してみました。

実際、男性の脱毛器具に興味がある方は多いと思います。

それは「ヒゲ」です。

毎日の髭剃りが面倒です。そして、肌が弱いと電動シェイバーで髭剃りをしても、ちょっとした事で流血事件です。朝の忙しい時間に、口周りからポツポツとした小さく出血する髭剃り後にうんざりです。

ヒゲの脱毛ができたら、どれだけ楽になるか・・・。

でも、お店で脱毛してもらうのは、お金がかかりそうだし、何より恥ずかしい!!

なので、一台あれば家族も使える脱毛器具を購入して実際に試してみました。

ちなみに初めての脱毛器で、初めての脱毛体験で、比較検討した上で購入した商品では無く、購入の決め手は脱毛器の中ではお手頃価格。この一点のみです。

行き当たりばったりな記事ですが、お付き合いいただければ嬉しいです。

目次

Omuse Diamond Air IPL  Hair Remove  Device

購入した脱毛器です。

上記で書いた通り、他の器具と比較検討した訳ではなく、お手軽価格で見つけたので購入した次第です。価格の割にはしっかりとしたパッケージで、まだ使用していませんが、いい商品のように思えてきます。

外箱と外すと、かなりしっかりとした箱が出て来ます。

写真では見えにくいですが、箱の中央に本体の形が型押しされていて高級商品のような化粧箱となっています。

脱毛器の内容物をチェック

それでは箱を開けていきます。

一番上に説明書が入っています。

説明書は二冊入っていて、写真に写っている説明書はイラスト付きでわかり易く使い方が書いています。もう一冊の説明書は、注意事項など詳しく書いている説明書ですが「詳しい」と言っても、使い方を書いているだけで、商品の説明がされている訳ではありません。

例えば、この商品はモード選択があります。

  • 美肌
  • からだ
  • Vライン

です。「からだ」「顔」「Vライン」は、部位に応じてモード選択するのは分かります。しかし「美肌」って何だ?脱毛はせずに美肌効果が得られるモードなのか?それとも3つ以外の部位用の選択モードなのか?不明です。こういったモード選択の違いが詳しく書かれている訳ではないのです。

そして、説明書の日本語はかなり怪しくなってます。

中国語を日本語に直訳すればそうなるのか?激安中華製の、車のアフターパーツや電化製品にありがちな日本語訳となっています。

このあたりは脱毛器の中では、かなり安い部類になる商品なのでお約束?的な感じですね。

初めて激安商品を購入された方は、戸惑ったりお怒りになられる方もいるかもしれませんが「そういうもの」ですので、割り切りましょう!!

日本メーカーの商品のように、綺麗にピッタリ入っている訳ではありません。まぁ、商品に問題がある訳ではないので気にしないでいきましょう!!

本体です。

真ん中の丸いボタンを押すと、「パシュ」っと照射されます。サングラスをせずに使ってみたのですが、ものすごい光量です。ビックリしたのですが、妻曰く「脱毛する時はこんな感じ」との事です。妻はお店で脱毛を施行した事がある経験者。サングラスは必須です。

その照射口です。

レンズがブルーがかっています。

未使用状態の写真です。

なんとなく、お店の照明で使うハロゲンガスが入った電球みたいです。

本体の底部分です。

電源ボタンとACアダプターの接続部分です。

バッテリー駆動ではないので、使用時はACアダプターを接続して使用します。バッテリー駆動の脱毛器があるのかは、他の商品を調べていないので不明です。ただ、今の時代はストレスフリーで使用できることが売りになるので、コードの煩わしさを考えると、高級品はバッテリー駆動なんだろうな~と思ったりします。

お次は本体以外の付属品です。

  • ACアダプター
  • サングラス
  • カミソリ
  • キャップ(カバー)

サングラスは小さく折り畳めるようになっています。カミソリは消耗品なので入っていなくてもいいのでは?と思いましたが、スターターキットと考えると親切な内容物ですね。そしてキャップ。真ん中に大きく穴が空いてます。このキャップと穴について妻と議論を交わしました。

説明書を読むと「防塵カバー」と書かれています。防塵?穴が大きく空いてるのに?流石に「保護」を「防塵」とは書かないだろう。

でも、塵を防ぐと読んで字の如くであれば「保護」でいいのか?穴が大きく空いてるのに?とりあえず本体に装着してみたのですが、照射部がちょうど、この穴の位置になっています。

と、言うことは、ピンポイントで照射するためのキャップなのか?でも説明書や通販サイトを見ると、キャップを付けて使用している写真は無いのです。

カバーであれば一番大事な照射部を保護しないなんて事は無いのでは?と考えたり・・・。

そして、試しに装着したキャップを外そうとしたのですが、ガッチリ装着されて、なかなか外れてくれません。本体とキャップに出来たちょっとした隙間に爪を入れてグッとしないと外れないのです。

個体差かもしれませんが、これだけ外れにくいと言うことは、やはり保護キャップでは無くてピンポイントで使うためのキャップなのか・・・。

でも、本体を使用するときは、照射部と肌をピッタリと密着させてからボタンを押してください。と書かれています。キャップを装着したままでは照射部と肌が密着できないので、最終的には保護キャップだろうと結論しました。

ちなみに、キャップを付けたままの照射は試していません。熱がこもって壊れたりしたら嫌なので・・・。

無駄な議論で盛り上がってた次第です。

お次は簡易説明書です。

ちょっと見にくいですがご容赦ください。

同じ説明書は通販サイトにアップされているので、そちらをご覧になった方がいいかもしれません。と言うより、本体に付属されている説明書より、通販サイトの商品説明の使い方の方が分かりやすいかもです。

本商品の説明書を読んだうえで、通販サイトの使い方の説明を読めば「なんとなくの使い方」は分かってくるかと思います。

ワタクシは実践を兼ねて使い方もアップしていこうと思いますので、冒頭で説明させていただいた通り、更新のたびに情報を増やしていきたいと思います。

実践レポートの前にモードとキャップの問題?

実践前に前出したモードとキャップの写真です。

キャップですが、写真の通り真ん中が開いてます。正面から撮影すると

これです。

車が好きなので車のパーツに例えてしまいますが、ヘッドライトのハロゲン球やキセノン球の光源部分の、ぷっくりと膨らんだ部分がキャップの穴位置になります。なので、キャップをしたまま使用するのかな?と疑問を抱いた次第です。

このキャップを完全に押し込むと、外すのが困難になるので

こんな感じで半キャップ状態で置いてます。

お次はモード選択です。

全てのモードは撮影していません。また、普通に写真を撮ると光っている部分が写らないので、ISO感度とシャッタースピードを下げている為に暗い写真になってます。

一番上のインベーダーが三つ重なっているような箇所が、肌と密着しているかを判断するランプです。ここが肌に本機を密着させると、点滅から点灯に変わります。その状態で真ん中の丸いボタンを押すと「パシュッ」と照射されます。

その下の三日月ランプが照射強度です。

丸いランプの周りにある左ボタンを押すたびに上がります。

丸いボタンの右ボタンを押すとモード選択になります。

モードを「からだ」モードで強度最強で、丸ボタンを長押しすると「自動」モードになります。自動モードは肌に本機を密着させると、勝手に連続して照射されます。

通販サイトでは「0.2秒」と書いてありましたが、多分「2秒」と間違いかなと・・・。

0.2秒だと凄まじい速さです。実際に自動モードで妻の体で実験した所、約2秒間隔で照射されました。

追記:モードによって、照射の強さによっても自動照射の間隔は違いました。

しっかりと考えられている感じです。

検証前に・・・

比較が出来るように、手の一部分のみを長期?短期?で実践していきます。

ワタクシの手の写真の載せるのでお見苦しかもしれませんがご了承下さい。

実践は比較検証が出来るように、

  • 右手は剃毛後、脱毛器は使用しない
  • 左手は剃毛後、脱毛器を使用する
  • 使用箇所は一部分のみ
  • 一日ごとに写真を撮影する

これを条件として検証していきます。

再度、冒頭で記述させていただいた一部分を書かせて頂きますが

個人差があり、施工箇所でも違いが出ます!!

これを念頭の上、ご理解お願いいたします。

購入後3か月経過した効果の程を発表です。

この下に購入した後の実験の記事が続きますが、効果があった結果報告だけ、先に載せておきます。

下の実験が1か月経過したのち、すね毛にも脱毛器を使用していました。こちらは、かなり適当に、気分が向いたときに照射してたぐらいです。

実際は、検証しようと頑張っていたのですが、手と足の写真が増えて、何が何やら分からなくなってきたので、途中で適当になっていったわけですが・・・。

元々のすね毛の状態です。

かなり毛が長くて多いです。

剃毛前

こんな感じです。

そして、剃毛後が

剃毛後

こんな感じです。

T字カミソリで剃っていったのですが、刃の間に毛が挟まって、めっちゃ大変でした。約1時間ぐらい格闘していました。

これで、写真向かって右側の左足のみ脱毛器を照射して、毛が伸びてきたら、両足とも剃毛してを繰り返して約2か月経過しました。

2か月経過後の両足の状態

すねの内側の写真です。

右足

左足

これも、毛が伸びてきた時に、両足を同時に剃毛してを繰り返し、再び伸びてきた時の写真です。

写真をクリックしてもらえれば、さらに大きくなります。

左側が脱毛器を使用した方です。

どうでしょうか?

左足の毛の伸び具合と、毛の量が右足に比べて全然違うのがお分かりかと思います。

そう、効果があった!!のです。

すばらしい・・・。

この価格でこの効果

何か怪しい通販サイトの言葉みたいですが、ワタクシは個人で購入して使用しているのでご安心を・・・。

継続して使用し続けると、本当に「あれ?毛が生えてこないぞ?」ってなりそうです。

期待が持てます。

今後も、左足のみに脱毛器を照射していこうと思います。

では、以下が本編?です。

実践一回目の実践前

まずは右手の写真です。

縦に撮影した写真を回転させているので不自然ですが、ご了承ください。

この右手(左手)

この箇所のみで検証です。

まずは剃毛が必要なので剃毛後の写真です。

これです。

お次は左手です。

剃毛前の写真です。

指輪と赤い出来物が目印・・・です・・・。

剃毛後の写真がこちら

この部分に脱毛器を照射させていきます。

説明書曰く「初回の1~2週目は毎週3回」との事なので、2日に一回のペースで照射していこうと思います。

右手に脱毛器の照射は行いません!!

毎日の右手左手の写真を撮影して、比較検討していきます。

左手、脱毛器照射一回目

上記写真の剃毛後に実行した一回目(初めて)の照射です。

何も変化なしですが、照射した左手の写真です。

肌の色が妙に白いのは、撮影場所が違うことによる、カメラ機能のホワイトバランスの違いになります。写真加工は「回転」と「リサイズ」のみです。

ちなみに照射モードは

  • 強度→最強
  • モード→からだ
  • 手動

になります。

照射回数は、50回ぐらいしました。

多分・・・と言うか「やりすぎ」と思います(多分)。

初めての為、

  • 何回照射させたらいいのか判断できない
  • 中途半端より過剰ぐらいが検証に適している

との持論です。

とりあえず、初めての使用での感想ですが、最強強度でも痛みはありませんでした。

「脱毛器具は痛みを伴う」場合があるみたいですが、全く痛くなかったです。

痛いと言うより

  1. 何も感じない
  2. ほんのちょっと温かい
  3. ちょっと温かい
  4. 温かい
  5. そそこそ温かい
  6. 熱い

こんな感じで推移していき「痛い」より「温かい」感じでした。

⑥の「熱い」と言っても、火傷するほど熱い訳では無かったです(個人差あると思います)。ちょっと焦げ臭い香りがしました。機材が新しい為に、機材に熱が入って焼けている匂い(臭い)なのか、体毛が焦げている匂い(臭い)なのかは不明です。

ただ、匂い(臭い)の感じからして「機材が焼けている(初期焼け・熱入れ)」の感じがします。毛や肌が焼けた匂い(臭い)は独特・・・。

そして、照射した部分は「カイロを当てている感じ」と言うか「日焼けした感じ」と言うか「ポッポ」した感じが続いています。(この記事を書いているのが、脱毛器を使用してから約2時間後なのですが、まだポッポしています)

今回はここまでです。

右手は剃毛後、そのままですが、どうなる事やら・・・。

経過報告1.5日後

同じ時間で一日おきに検証していきたいのですが、なかなか難しい・・・。

なので1.5日後の経過報告です。

まずは剃毛後、そのままの右手と脱毛器を使用した左手の全体写真

比較しやすいように連続して写真をアップします。

右手

左手

全体だとわかりにくいですね・・・。お次はアップした右手と左手、そして再度、脱毛器を使用左手の写真です。

右手

左手

左手(脱毛器照射)

もうちょっとアップで撮影した方がいいですね・・・。

ちょっとわかりにくいですが右手も左手も、ちょっとだけ毛が伸びてます。左手の脱毛器照射後の写真が肌が白く見えるので、奇麗に感じますが気のせいですかね?

今回は15回ぐらい照射(モード・強度は同じです)しましたが、前回と違ったのは、一回目から熱く感じました。初回は照射回数に応じて徐々に温かいから熱いに移行していきましたが、今回は一回目から「熱い」でした。肌が弱ってるのか、脱毛器の効果が残っているのかは専門家では無いので不明ですが、使用感が変化すると「ちょっと効果が出てるのかな?」と感じられるのでテンションアップです。

ではでは、また明日?

経過報告2.5日目

手の全体写真はあまり必要ないかなと思い、今回から撮影していません。また、今回から写真サイズを変更してみました。データサイズのお試しも兼ねてます。

では、まずは剃毛のみで脱毛器未使用の右手です。

脱毛器使用の左手の写真です。本日は未使用(合計2日間使用)

順調に伸びてますね・・・。

まだ検証するには回数も日数も足りていませんが、こうやって写真で見ると、脱毛器を使用している左手の方が毛の成長が早い気がしますが、剃毛前の毛の本数は減っています(適当に数えた結果、10~15本は現状、減ってます)。

気のせいかもですが、モチベーションを上げるために、そう信じ込んで頑張ります!!

では、またまた明日に・・・

経過報告3.5日目

本日は左手に脱毛器を使用しました。

まずは右手(脱毛器未使用)の写真です。

前回より伸びております。いい感じで成長しています。

お次は本日に脱毛器使用(本日使用前)の左手の写真です。

そして、合計三回目の本日の脱毛器使用後の写真です。

毛の生えている本数で言えば、脱毛器を使用していない右手の方が少ないですが、毛の伸び具合で考えると、脱毛器を使用している左手の方が毛が短くなってます

右手と左手との毛の成長スピードの違いかもしれませんが、今後に判明するかと思います。脱毛器使用前と使用後に関しては、心なしか毛が短くなってるような・・・。ただ、スマホで写真撮影していてAFで撮影しているので、カメラの設定の変化によっての誤差の可能性もあります。実際に肌の色が違います・・・。

これも、今後の経過観察によって真偽のほどが判明するかと信じてます。

三回目の使用感ですが、二回目と同じく照射一回目から熱かったです。

調べたところ、毛の黒い色に照射光が反応するために、痛みや熱さが出る。との事です。

その為に、脱毛期間中の毛の処理をどうするか?などの悩みが出てきますが、とりあえず、ワタクシは剃毛せずに、剃毛は一回のみの現状の状態で経過観察しようと思います。

ではでは、また明日。

経過観察4.5日目

本日は中一日ですので、現状報告の写真のみ(脱毛器は使用していません)。

前回より写真をさらにアップしています。

脱毛器未使用の右手の状態です

脱毛器3回使用(本日は未使用)の左手の写真です。

やはりと言うか、一日おきに見ると変化が無いような気がすますが、ちょっと毛が長くなってそうな気もします。皮膚に皺が寄ると毛が見にくくなるので「グー」を作って撮影していますが、力の入れ具合で見え方も変わってしまうので、微妙に変化してみえるのは誤差の範囲内かなと思います。

では明日は脱毛器使用日です。

経過観察5.5日目

本日は左手に4回目の脱毛器使用日です。

まずは右手(脱毛器未使用)の写真です。

かなりはっきりと、伸びてきていることが確認出来てきました。

では右手(脱毛器4回目照射前)の写真です。

前回も書きましたが、右手に比べると伸び具合が遅い気がします。気のせいかと思いましたが毛の長さが違うことが目に見えてわかってきました。

では、4回目の脱毛器使用後の左手です。

はっきりと違いはわかりません。まぁ、照射しただけで見違えるように変化があると、それはそれで怖いですけど・・・。

脱毛はすぐに結果が出る事では無いので、気長にやっていくしかないですね。

ではではまた明日~

経過観察8.5日目

ちょっと日数が空いてしまいました。

その間に一週間が経過して、ちょっと変化が分かった感じです。

では、右手(脱毛器未使用)の写真からです。

かなり伸びてきました。ここまで変化が出るとわかりやすいです。

お次は左手(脱毛器使用4回)の写真です。

前回でも書きましたが、毛の伸びに違いがはっきりとわかります。

今回、日にちが空いてるので5回目の脱毛器を使用しました。脱毛器使用後の左手の写真です。

毛がちょっと伸びている状態で使用したので、ちょっと毛がチリチリ?になってる感じがします。しかし、ちょっと薄くなってる気もしてきました。テンションアップです。

ここまで伸びた左手の毛を剃らずにやってきましたが、2週目に入ったので一度、左手の毛の剃毛をして脱毛器を使っていこうと思います。

これからが楽しみです!!

あわせて読みたい
家庭用脱毛器『Omuse』の男の左手脱毛実験結果 以前にお買い得な家庭用脱毛器を購入したのですが https://anytimediy.net/hairremoval/ それのまとめ?記事です。 検証の為、写真が多くなっています。 【使用してから...

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる