素人ガンプラ作成日記「HG 1/144 CGUE Type D.E.E.P.ARMS」ランナー編   

今回はこちら「シグーディープアームズ」です。

取説では2004年とあります。

目次

HG 1/144 CGUE Type D.E.E.P.ARMS

ガンダムSEED MSV

MSVってモビルスーツバリエーションって略で、アニメなどとは別企画の機体になるみたいですね。

ガンダム自体がオリジナルと言うか空想上のロボットなので「オリジナル」って言葉も「空想上の」って言葉も当てまるのか微妙なところですが、一部の機体はアニメで登場したりゲーム・漫画でも出てきたりするみたいです。

ディープアームズって名前は「指向性エネルギー放射兵器試験機」の意味と取説に書いてます。

なんか、意味と名前がマッチしてないような・・・

2004年8月発売って事で、2022年の現在から考えれば18年前のガンプラとなります。

1979年からガンダムが始まっているので、古いガンプラとも言えないし新しいガンプラとも・・・って感じです。

ただ、今のガンプラを見てると、何とな〜く「古いな」って感じは受けます。

Aランナー

Aランナー(スチロール樹脂:PS)

イロプラなのですが、今のランナーと比べると何となく「固い」イメージを受けます。

この機体の色合いでそのように感じるのか「プラスティック」って感じを受けます。

あくまでも個人的な感想ですが・・・

余剰パーツはゼロ。

Bランナー

Bランナー(スチロール樹脂:PS)

真っ青!!

余剰パーツが6点です。

プラモデル!!って印象。旧キットを思い出す・・・

Cランナー

Cランナー(スチロール樹脂:PS)

武器系がメインって思いきや、余剰パーツとなる悲しき運命。

11点が余剰となります。

Dランナー

Dランナー(スチロール樹脂:PS)

Bランナーと同じく青一色。

やっぱり色合いが原因なのか?

余剰パーツはゼロです。

ポリキャップ・シール・マーキングシール

ポリキャップとステッカーです。

1点だけ余剰となります。

取説です。

これは塗装してますよね。

ポリキャップを含めて5枚のランナーです。

やはり、今のガンプラの色合いが良くなってるのか機体の色が原因なのか、全体的に「かたい」感じを受けます。

つるしの状態で作ると、本当に「プラモデル」と言うか「おもちゃ」と言うか・・・。

まぁ、プラモでおもちゃなんですけどね〜。

それだけ今のガンプラの発色やパーツの制作技術が上がってるって事なんでしょうか?

ランナーの記号や番号の見やすさなども違います。

こうやって見ていくと色々な発見があって面白いですね。

ただ一つ誤解が無いように書きますが、このキットがダメって言いたい訳ではなく「違いを楽しんでる」だけです。

この両肩の「試製指向性熱エネルギー砲(取説より)」なんて、めちゃめちゃカッコいいです!!

ではでは・・・

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる