無印良品「アルミ伸縮式ポール」は便利だけど、折れやすい?〜修理編〜

無印良品。

シンプルでおしゃれですね。

ワタクシの妻が好きなブランドです。

色々なアイテムが、文房具も含めて家にあります。

その中で、掃除に便利な

「アルミ伸縮式ポール」

アタッチメントが豊富で、色々な場面で活躍してくれる商品です。

しかし、根元部分が、若干もろい気がします。

そんな伸縮ポールを修理した、お話です。

目次

根元がポッキリ事件発生

自宅に帰ると、妻と娘から「事件が発生しました!!」

「事故現場はこちらです!!」

と、案内された先に「伸縮ポール」が、ありました。

そこには、根元部分がポッキリと折れた「伸縮ポール」の姿が・・・。

実は、今回が初めてではありません。

我が家では二本の伸縮ポールが存在するのですが、その内の一本は、購入して間もなく、根元部分がポッキリ逝ってしまって、そのまま放置していたのです。

しかし、生きていた一本も、先日、逝ってしまいました。

なので、今回を機に、しっかりと修理しようと考えました。

修理に必要な工具

一本目が折れた時にも、修理を試みたのですが、いいアイデアが思い浮かばずに、断念していたのです。

その時に行ったことは、単純に折れた箇所をグルーガンで繋げてあげる。

です。

こんな感じで、中空になってるポールの中に、グルーガンで埋めて、繋げたのです。

しかし、使用時は、かなりの力が掛かるようで、すぐに上の写真のように、ポッキリと折れてしまった(千切れてしまった)ので、どうしようかと思っていたのです。

かなり悪戦苦闘して、諦めていたのですが、今回、ふと思い浮かんだのです。

思い浮かんだワタクシが、今回、修理に使用した工具と道具は

  • パイプカッター
  • グルーガン
  • 100均フローリングワイパー

この3点です。

全て、ワタクシな大好きな「ダイソー商品」です。

パイプカッターもダイソーで売っています。

ダイソーで購入のフリーリングワイパーは、部品の取り出しに使います。

この作業のために購入した訳ではなく、家にあった物です。

フローリングワイパーのポールをカット

フローリングワイパーの何を使用するかと言いますと、ボディ?のポールそのものです。

無印の折れたパーツの中に差し込んで、強度を保つためです。

くるくると回して、ポールを外します。

ワイパーが付いている方の、細いポールを使います。

こんな感じで、パイプカッターの2つあるローラー部分の窪んでいるところに、ポールを挟んで、黒いネジ部分を締めていきます。

あまりキツく締めすぎると、ポールを回せなくなるので、ポールが外れない程度に締めてあげます。

あとは、ポールをクルクルと回してあげるだけです。

回しながら、パイプカッターの黒いネジも、ちょっとずつ締めていきましょう。

カッターの刃が、パイプに入っていくので、締めながら作業をしないと、中途半端な深さまでしか、カットできなくなります。

力を入れる必要もなく、綺麗に切断できます。

10センチぐらいの長さでカットしました。

お次は、無印のポールをカットします。

なぜか・・・?

無印の折れたポールをカット

100均フリーリングワイパーのポールをカットした訳ですが、そのままでは、無印のポールの中に突っ込むことはできません。

グルーガンの樹脂を突っ込んでるので、わかりにくいかもしれませんが、樹脂を取り除くと、アルミのポールの内側に、アタッチメントを繋いでいるパーツが見えます。

それを取り除こうと頑張ったのですが・・・

このパーツが、頑固で取れなかったのです。

この、かしめている部分を取り除いてあげれば、ポロっと取れるかと思い、ドリルで穴を開けて揉んであげたのですが、それでも取れなかったのです。

どうせ折れてるのだから、切ってしまえ。と、

100均ワイパーを切断した時と同じ要領で、カットしていきます。

綺麗にカットできました。

すでに上の画像でカットした写真を載せてますが・・・。

このポールの中に、100均フローリングワイパーの、カットしたポールを差し込んで、グルーガンで繋げます。

なぜグルーガンなのか?

それは、隙間を埋めるためですね。

カットしたポールを、無印のポールの内側に差し込んでも、当然、サイズが違うので、スカスカです。

しかし、このサイズ以上の直径のポールを使うと、下側のプラ製アタッチメントの内側に入りません。

逆に、プラ製アタッチメント部分に差し込もうとしても、そのままでは差し込めない太さなのです。

ギリギリ程度の直径です。

また、真円ではなかったので、ペンチで楕円状にして、差し込みました。

写真を撮り忘れました・・・。

こちら側には、グルーガンは使用していません。

アルミパイプの内側に入れる、元ワイパーのポールの外側に、たっぷりとグルーガンで、樹脂を塗っていきます。

隙間を埋めるためなので、4センチ幅ぐらいの外周全体に、厚めに盛って行きます。

手早くしないと、樹脂が固まってしまうので、写真を撮る余裕がなく、写真がありません。

で、結合した写真です。

厚めにグルーガンの樹脂を盛っていたので、この隙間からは、樹脂がはみ出していましたが、カッターで簡単に取り除けるので、気にせずに作業しましょう。

画像は、カッターではみ出た部分をカットした後です。

無事にうまくいきました。

使用に耐えうるのか?

グルーガンの樹脂のみで補修した時は、使用した時の力に耐えきれず、樹脂が千切れてしまって、失敗に終わりました。

しかし、今回は、中に別のワイパーのポールを差し込んでいるので「折れる」「千切れる」事はないはずです。

あるとするならば、グルーガンの樹脂の盛り方が悪い事で、ポールが抜けてしまう。

または、結合部分の樹脂が、ちょっとずつ剥がれていき、最終的にポールが抜けてしまう。

などですかね?

まだ、修理して間もないので、どのくらいの使用に耐えうるのか不明ですが、様子を見ていきます。

ではでは・・・。

    

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる