スマホ用「ブルーライトカットフィルム」を購入したのですが・・・

この手のフィルムは、同じ商品だけど販売元が違う。その為に、名前が違う。と言うのが多いと思います。その為、ワタクシが購入したメーカー元?販売元?ブランド名?は、参考程度でお願いします

スマホやタブレット・パソコンなどの画面から発せられる

「ブルーライト」

一般的には、眼に良くないので、防いだほうがいいと言われています。

本当に影響があるのか、ワタクシにはわかりません。

しかし、悪影響の可能性があるのであれば、防ぎたいと思うのがワタクシです。

スマホの保護フィルムを購入するのであれば、「ブルーライトカットフィルム」を購入しようと思い、購入して、家族全員のスマホに、ガラスフィルムを貼り付けました。

そして、娘がスマホを使用していたときに、落としてしまったみたいで、フィルムが割れてしまいました。

フィルムが割れただけでよかったね。

また、新しいのを買っとくよ。

と、前回に購入した商品とは違う「ブルーライトカットフィルム」を、購入したのはいいのですが・・・。

結局は「ガラスザムライ」の商品を買い直したお話です。

目次

前回とは違う商品を購入するときは気をつけて

スマホを購入して、初めに購入したブルーライトカットフィルムは

「ガラスザムライ」のブルーライトカットレンズです。

サイズもぴったりでお気に入りですが、縁が黒くなっているので、画面の端っこが隠れる時があります。

本当にちょっとだけなのですが、今回、娘のスマホ(ワタクシと同じ機種です)のフィルムは、縁取っていない商品にしようと、選んだ訳です。

商品名に「ブルーライトカット」の文字が入っていました。

そして、2枚入りでお安い!!

しかし、これが結果的に、3種類のフィルムを比較する事となりました。

MOONMN ガラスフィルム

これは、ブルーライトカットフィルムでは無く、普通のガラスフィルムです。

ブルーライトカットフィルムを購入するのが、初めてのワタクシだったのですが、種類が多くて悩んでました。

その為、とりあえず保護フィルムが欲しいと、ブルーライトカットでは無いのは理解した上で購入しています。

2枚入りで、安いです。

今回、フィルムを新しく購入する前に、フィルムが割れた娘のスマホに貼りました。初回に購入した残りの1枚です。

しかし、貼り付けるときに、簡単にガラスが崩れました。

昔のフィルムみたいに、エア抜きをしなくてもいいのですが、縁周りは、手で押さえてあげないと、浮いた状態になります。

その浮きを無くすために、手で押さえていったのですが、そのときに、「モロッ」と、欠けてしまいました。

う〜ん。

こんなに簡単に欠けてしまうのか〜。と、思いましたが、とりあえずの代替え品で使用するので、気にしません。

パッケージ内容は、比較する予定ではなかったので、破棄してしまいました。

Top ACE ブルーライトカットフィルム

今回、購入した2枚入りのブルーライトカットフィルムです。

こちらです。

パッケージです。

内容物です。

一番右の写真は、真ん中の写真のオレンジ色の袋の中に入っていた物です。

脱脂シートと、埃を取るためのシールと、一般的な付属品ですね。

フィルムです。

ワタクシは、若干、違和感を覚えました。

「ブルーライトカット」なのに、透明・・・。

???

本当に「ブルーライトカット」なの?

ブルーライトカットって、一つの売り文句になりそうなのに、パッケージにも表記がありません。

このパッケージ自体が、全ての商品に置いて、共通のパッケージの可能性もあるので、一概には言えません。

商品説明には「400〜450ナノメートルの波長のブルーライトを95%遮断」と書いています。

そして、太陽光に当てると、綺麗な「浅い青紫色」を呈する。と、あります。

実際に、太陽光に当てると、青紫色になります。

と、言うことは、やはり「ブルーライトカット」なのでしょう。

しかし、ワタクシが眼鏡屋さんで見た事のある「ブルーライトカット眼鏡」のほとんどが、蛍光灯にも反応して、レンズがはっきりと「青紫色」になっていました。

遮断率の低いレンズだと、色々な角度から試してみても、透明にしか見えずに、本当に「うっすらと」だけ、色が見えるぐらいでした。

眼鏡の場合は、色の見え方が不自然にならないように。や、個人の好みなどを考慮して、遮断率が何種類かあります。

しかし、このフィルムは「95%カット」です。

そうであれば、蛍光灯にも反応しても、おかしくはないと思うのですが・・・。

悩んでいても仕方がありません。

購入したからには、スマホに貼ってみます。

サイズはぴったりです。

う〜ん。

フィルムに反射して写っているのは、LED電球です。

それなのに、フィルムは透明のままで、青紫色になりません・・・。

ホコリが一つだけ入ってしまいました。

しかし、角度を変えても「青紫色」になりません。透明のままです。

う〜ん。

ワタクシのスマホは、これと同じ機種で「ガラスザムライ」の「ブルーライトカットフィルム」を貼っています。

ワタクシのフィルムは「青紫色」になるのですが・・・。

はい。

疑問に思ったので、「ガラスザムライ」のフィルムを、新たに購入しました。

比較する予定は無かったのですが、どうせなら比較しようと、ここで思ったのです。

「MOONMN」と「Top ACE」との比較

幸か不幸か、フィルムが欠けていたことによって、フィルムの違いが証明できた訳です。

普通のガラスフィルムとブルーライトカットフィルムの、LED照明の写り方が同じですね。

と、言うことは、やはり「ブルーライト」はカットされていないのでは?

悩みが尽きません。

ちなみに、LED電球下では無いですが、ワタクシのスマホに貼っている「ガラスザムライ」のブルーライトカットフィルムを、蛍光灯の下に置いたときの写真は、これです。

見事に、青紫色に発色しています。

ガラスザムライ ブルーライトカットフィルム

ワタクシのスマホに貼っているので、購入する必要はなかったのかもしれませんが、スマホに貼る前に比較したいと思ったのと、娘のスマホにも、やっぱり、この商品を付けてあげたい。と、考えて購入です。

こんな封筒に入っています。

このまま配送されるのでは無く、アマゾンのダンボール封筒?みたいなのに入って配送されます。(Amazonで購入した場合)

かなり、しっかりとしたパッケージに入っています。

高級感が漂います。

しっかりとした説明書も付属しています。

こういった商品に、好感を持ってしまう日本人なワタクシです。

フィルムを貼るときに補助してくれるパーツです。

使用後は、スマホスタンドとして利用できます。

色々な案内や、クリップの使い方、ブルーライトの事を書いたチラシなどが入っています。

お金がかかっていますね〜。

肝心のフィルムです。

すでに、うっすらと青紫がかっています。

スマホに貼り付けるのはまだです。

3枚のフィルムを比較してみます。

まずは、「MOONMN」のフィルムと、「Top ACE」のフィルムです。

前記しましたが、「MOONMN」のフィルムは「普通のガラスフィルム」です。

真っ白なコピー用紙の上で比較

右側が「MOONMN」で、左側が「TopACE」です。

ちなみに、右側のフィルムは、スマホに貼っていたフィルムを剥がしたフィルムなので、保護フィルムなしの状態です。なので、ホコリが付いてます。

対して左側「TopAce」は、保護フィルムは貼っている状態です。

やはり「ブルーライトカット」なのでしょうか?

縁が青味がかっています。

そして、フィルム全体が、白色のコピー用紙によって、若干ですが、黄色く見えます。

吸光度の違いですかね?

では「ガラスザムライ」と「TopAce」の比較です。

共に、保護フィルム付きで、ブルーライトカットフィルムです。

ガラスザムライのフィルムは、全面保護タイプで、黒色に縁取っているので、断面の色は確認できません。

しかし、白いコピー用紙の上に置いた時の、フィルム全体の黄色味加減が、「TopAce」に比べると、かなり濃く出ています。

斜めからの写真でも、はっきりと違いが出ていますね。

では、3枚の比較です。

左から「ガラスザムライ」「TopACE」」「MOONMN」です。

何度も書きますが「MOONMN」は、普通のガラスフィルムです。

そして、保護フィルムが無いので、コピー用紙にくっついて、縞模様が出ています。

どうでしょうか?

「ガラスザムライ」のフィルムが、黄色味を帯びすぎて、「Top ACE」の黄色味が霞んでしまっていますが、うっすらとは黄色味がかっています。

しかし、ますます「95%カット」に疑問を持ってしまいました。

蛍光灯に当てた時の比較

まずは、普通のガラスフィルム「MOONMN」です。

フィルムに反射した蛍光灯です。

真っ白ですね。

お次は「Top ACE(保護フィルム付き)」です。

横に並べて撮影しているの、蛍光灯の反射している場所が違います。

また、左隅に「ガラスザムライ」のフィルムを置いて、フィルムが違うことを、一応、証明になるかな?と、しています。

う〜ん。

普通のガラスフィルムと反射の仕方が同じ・・・。

ブルーライトカットであれば、青紫色になりそうなのにな〜。

色々な角度で見てみましたが、結果は同じでした。

最後に「ガラスザムライ」です。

明らかに違いますね。

蛍光灯の色が、青紫色に反射して写っています。

3枚同時比較です。

左から「ガラスザムライ」「TopACE」「MOONMN」です。

ここでも、フィルムが欠けていたことが、フィルム違いの証明になってますね。

ちなみに、スマホから外すときに、欠けたところを起点にして、横にヒビが入りました。写真の通りです。

う〜ん。

どうみても「普通のガラスフィルム」と同じにしか見えないのです・・・。

しかし、太陽光に当てると「青紫色」になるのですよね〜。

まぁ、この辺りは「400〜450nmの波長を遮断」って所がポイントになるのでしょうが・・・。

お次は、また後日・・・。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる