【楽天モバイル】と【楽天ひかり】を約一年間使用した結果

2021年9月現在の記事です。モバイル系は情報の変動が早いので、その辺りを考慮した上でお願いいたします。

楽天モバイルで新規契約して約一年。

無料期間の一年間も同時に終了します。

解約するか、そのまま使い続けるかの判断が迫られます。

そんな中、出した結果は・・・

「楽天モバイルを使い続ける」

です。

ワタクシの環境下での話ですが、その心境になった経過です。

参考になれば幸いです。

目次

一年前の環境と現状

一年前の環境です。

一年前
現在
  • 自宅:WiMAX運用
  • 携帯:au(夫婦)
  • 端末:iPhone
  • 通話:ほぼ無し(夫婦共)
  • 自宅:楽天ひかり
  • 携帯:楽天モバイル(夫婦・娘)
  • 携帯:OCN(au回線をMNP)
  • 端末:Android
  • 通話:ほぼ無し(夫婦・娘)

以上です。

元回線(au)は、MNPでOCNに避難させて(料金の問題)、楽天モバイルは新規契約しました。

理由は「不安だった」です。

ネットは繋がるの?通話は無料と言ってるけど「アプリ」は大丈夫なの?などです。

一年間は無料で利用出来て、解約手数料も無料。利用期間の縛り無し。
キャリアでは有り得ない条件でした。
そして、一年間無料。現状は行政機関が介入して緩和されていますが・・・。

その為、元回線はOCNにMNP。

こちらも、縛り無し・解約手数料なしの為、もし、楽天モバイルが「使えない」と、判断した時に「解約」と、元回線の復帰が出来るようにとの判断です。

また、自宅のネット回線は、娘の成長に従って、WiMAXでは対処しきれなくなった理由が一つと、

「楽天モバイルと契約していたら一年間無料!!」

一年間無料ですよ!!

それだけでも価値ありです。

しかも、通信速度は速くなる。

現状も、全く不満はありません。

【楽天モバイル・ひかり】の利点と欠点

利点

・料金プランがシンプルで分かり易い!!
安い!!
・絡め手を使うと激安運用できる?

欠点

・設定(楽天モバイル)が、初心者向けではない
・通話品質が悪い(アプリ通話)
・楽天エリア以外は恩恵が受けにくい

利点よりか欠点の方が、普段の使用について致命的な事かもしれませんが、それを覆してでも、利用するメリットを感じました。

この、「利点」と「欠点」の思考します。

利点・欠点
思考
  • 料金プランがシンプル
  • 安い
  • 激安運用できる?
  • 初心者向けではない
  • 通話品質が悪い
  • 楽天エリア外
  • シンプルの方が良くない?
  • 高い方がいい?
  • 激高の方が嬉しい?
  • ネットで簡単に出てくる
  • 電話しなけりゃいい
  • エリア内の人が使えばいい

横暴でしょうか?

紐を解いていきます。

料金プラン

各キャリアは、

  • 光回線
  • 電力契約
  • 契約件数(家族割)
  • 契約年数(縛り)

などの、複合的な契約を結んだ上での料金プランで、尚且つ、その中で最安値になった時の金額を前面に打ち出している気がします。

これってどうなの?

最高値を打ち出して、そこから減算するほうがお得感が増す気がするのですが、どうでしょう?

逆に、安いと感じて契約に訪れると、単純に契約しただけでは「高い」契約となる可能性大です。

楽天モバイルは?

一つのプランしかありません(話し放題などのOPは除く)。

タブレット(iPadなど)でも、「データ専用プラン」で「スマホとシェア」みたいな、複雑なプランはありません。

単純に「2回線目」での契約になるだけです。

非常に分かり易くて、好感が持てます。

激安運用ができる?

これは、複数の端末を利用している人限定かもしれませんが、使いようによっては激安になると思っています。

「テザリング」活用です。

後述します。

初心者向けではない

これについては、ちょっと強引です・・・。

分からない人からすれば「ネットで調べて設定する」事自体が難しいのですよね。

ワタクシの妻が良く言っています。

それは「分かっている人だから出来る事。何も知識が無い人は、何を調べて良いかもわからない」

正論です。

なので、これに関しては「強引理論」です。

スミマセン。

お店の人に聞くのが一番かも知れませんね・・・。

通話品質

通話ってします?

ビジネスで利用する場合は、会社から支給されたスマホ・携帯がありませんか?

ワタクシは支給されていないので、私物のスマホを使っての通話です。

これに関しては「ダメダメ」だと思います。

あくまでも「Rukuten Link」アプリを使用した場合です。

使用環境は楽天モバイル圏内。電波もOK(Wi-Fiでは無い)。

着信・発信通話ともに、アンテナがMAXで表示されていても、なぜか通話品質が「悪い」と出てきて、ブツブツと途切れます。

Wi-Fi環境下では全く問題ないのですが、通常電波(4Gです)では会話になりません。

どこかWi-Fiスポットにでも繋がないと辛いです。

常にそう言った状況になる訳ではなく、そうなる頻度が高い。です。

通話中に急に通話品質が「悪い」となって、切れる時もありました。

これは要改善だと思います。

楽天エリア

これは地域によって仕方が無い要因ですね。

幸い、ワタクシの地域は楽天モバイル圏内なので、Wi-Fi環境下でなくても、通信量に気を使わなくて済みます。

しかし、エリア外の場合は、楽天モバイルと契約するメリットは無いかな?と、思います。

一番のメリットが「データ使い放題で最大2,980円(税抜き)」ですからね。

一応、エリア外でも「5GB(国内)」までであれば、回線速度を保ったまま利用できますが、それ以降は最大速度が「1Mbps」に規制されてしまいます。

これも他と比べると速いのですけどね。

もし、それでも楽天モバイルで契約するメリットと言えば

「楽天ひかり」が1年間無料になる。ですね。

楽天モバイルは、いつ解約しても解約手数料はかかりません。

その為、自宅のネット回線を新規で、または乗り換える予定の方は、まずは楽天モバイルと契約。

その後、楽天ひかりと契約して1年間無料の権利を獲得。

1年間利用後に、楽天モバイルを解約して、楽天ひかりは契約したまま。って方法です。

現在、楽天モバイルは、データー通信をしない限り(1GBまで)、0円です。

その為、契約しても使用せずに放置していれば金額はかかりません。

ちょっとズルいかも知れませんが、いい案だと思います。

ただ、楽天ひかりと契約する際は、初期工事費などの諸経費は必要なのと、必要契約年数があるので注意が必要です。

その楽天ひかりに関しても、ネットゲームのヘビーユーザーでもない限り、何も問題ないと思いますよ。

契約を続ける理由

当初、楽天モバイルの料金プランは、通話し放題(RakutenLinkアプリ使用時)+データ使い放題で「2,980円(税抜き)」ってプランでした。

それが、1年間無料で使えるキャンペーン。だった訳です。

その為、1年間使用してダメだったら解約。使えそうならメイン回線をMNPして利用する。

そう考えていました。

ところが、プランの見直しがあり、データ使用量に応じで金額が変わるプランへと変更になりました。

それでも上限はそのまま。

データ使用量(1回線目)料金
〜1GBまで0円
〜3GBまで980円(税込 1,078円)
〜20GBまで1,980円(税込 2,178円)
20GB〜制限なし2,980円 (税込 3,278円)

と言う、素晴らしいプランに変更になりました。

って事はです。

ワタクシ、毎月のデータ通信量は1GB未満なのですよね。

ほぼ、Wi-Fi環境下での使用なので。

その為、「ずっと0円!!」なのです。

まぁ、1年間無料キャンペーンの恩恵があまり感じられないので(1GB以上使わないので)、ちょっと悲しくなりましたけどね・・・。

しかし、楽天モバイルと契約したおかげで楽天ひかりが「1年間無料」になった訳ですし、総合的には、かなりお得な運用となりました。

その検証もできたので、1年間無料キャンペーンで使い続けた意味もありました。

これでメイン回線をMNPすれば、ずっと0円で運用できる可能性が高いのです。

例え、データ通信を行っても上限が「2,980円(税抜き)」です。

それも毎月必要な訳ではありません。

ワタクシ的にはサイコー!!なのですよね。

妻も、外でスマホを使いまくる方でもなく、動画もほぼ見ません(Wi-Fi環境下以外で)。

夫婦が利用しても、毎月0円!!

素晴らしいです!!

娘は使いまくるので「2,980円(税抜き)」が必須ですが・・・。

それでも一人あたま「1,000円」です。

激安ですよね〜。

使い続けるしかないでしょ!!

それにね、他にMNPするにもプランをあれやこれや考えて、これも必要・あれも必要。いらないと考えて解約しようとすれば、そのオプションプランが無いと、毎月の料金が高くなる。

だったらどうすれば?

なんて事を考えるのが面倒なのですよね。

ヘビーユーザーも【税込3,278円】で使い放題も可能?

使い方によっては、この金額で使い放題が味わえるのでは?と、考えています。

なぜ「3,278円」なのか?

2回線契約です。

楽天モバイルには、タブレット専用のプランがありません。

また、スマホとデータ量をシェアして使用するオプションもありません。

単純に、何回線契約(上限5回線まで)して、それぞれの契約回線で、どれだけデータを使用したかで料金が決まります。

ただし、2回線目以降の最低料金は「980円(税抜き)」となり、3GBまでのデータ使用量の項目にになります。

その場合でも、上限金額は「2,980円(税抜き)」です。

そして、テザリングに関しても無料で利用ができます。

しかも、テザリングのデータ通信量の制限なしです(2021年9月現在)。

と、言うことは、1回線目(0円回線)をスマホで使用。

2回線目(最低金額980円(税抜き))をタブレット(セルラーモデル)に挿して使用。

スマホはテザリングでタブと通信する。

スマホのデータ使用量はタブの回線を利用するので、Wi-Fi環境下と同じ「ゼロ」。

タブは、2回線目として980円が最低金額でかかっているので、データ通信はこっちの回線を使う。

2台持ちをしている人であれば、大きな作業はタブを使用すると思います。

そうすると、0円+2,980円(税抜き)=2,980円(3,278円税込)

で、利用できる!!

あえて2回線体制にしなくても、スマホの回線でWi-Fi専用タブをテザリングで利用すれば可能ですが、何らかのトラブルでどちらかが利用できない事を考えると、2回線あった方が安心です。

最悪、最大で6,556円を覚悟しておけばいいだけですしね。

すでに2回線体制で利用している人にとってはどうなんでしょうか?

ワタクシのiPadはWi-Fiのみなので、検証はできていません。

また、利用しないので、深くまで調べていないので、どこかに落とし穴があるかも知れませんが・・・。

最大でかかる「6,556円」が、現状の契約より安いのであれば、検討の余地はあるかと思います。

テザリングがいつの間にか途切れてる・・・

には注意が必要ですけどね。

楽天ひかりに関して

楽天ひかりに関しては、全くもって不満はありません。

何台もパソコンを繋げて、めっちゃ重いネットゲームをする訳でも無いですし、普通にブログ書いて、Amazonプライムビデオで映画見たり、Amazonミュージックで音楽聴いたり、同時に娘がYouTube見たり、同時に妻がネット検索したりしても、何も問題ないですね。

一般家庭で「普通に」使用するには、何も問題ないと思いますよ。

その家庭の家族全員が、ネットゲームのヘビーユーザーであったり、マイニングしていたりするような事が「普通」だと問題ありますが・・・。

ちょっと注意が必要なのは、「ルーター」ですかね。

このルーターが「IPv6」クロスパス対応ルーターでないと、利用できません。

「DS-Lite」と呼ばれたりもします。

不明であれば、楽天ひかりのHPに利用可能なルーターの機種が掲載されています。

また、ネット検索で、お持ちのルーター品番を入れて「楽天ひかり」と、検索すれば、すぐに判明するかと思います。

戸建てタイプかマンションタイプかで毎月の金額が違います。

戸建て(一軒家)は、3,800円(税抜き)

マンション(集合住宅)は、4,800円(税抜き)

どこもそうですが、なぜ集合住宅は高いのでしょうね?

初期費用に関しても、契約状況によって違ってきます。

この辺りも、他の業者であれば、色々なプランを織り込んで、工事費が安くなったり初期費用が無料になったりしますね。

楽天ひかりは、そういった事はないです。

実費で全て必要となります。

この辺りは、「楽天モバイルと契約のお客様は、初期費用のみ無料です」みたいなのがあれば、他を寄せ付けないほどに、新規の人にとれば契約しやすいと思います。

ただ、1年間無料なので、こっちの方で相殺できますね。

設定も、超簡単。

昔みたいに、色々なパスワードやらIDやらを入力する必要もなく、「えっ?これで終わり?」ってぐらい簡単でした。

ただ、ルーターの設定が必要です。

これも、ルーターの各メーカーHPで画像付きで書いてます。

ワタクシの場合「tp-link 楽天ひかり」と、検索すれば一発で出てきました。

かなりハードルは低いと思いますよ!!

楽天モバイルと楽天ひかりのコンボ!!

とりあえず1年限定で使用してみるのも「あり」だと思います!!

ではでは・・・

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる