「tp-link Archer AX73」を購入して楽天ひかりと接続・・・する前の開封の儀

本当は、この記事内で楽天ひかりとの接続・設定、スピード測定結果を載せようと思ったのですが、横道に逸れて、長くなってしまったので、それは別記事で紹介しようと思います。

半年ほど前に「tp-link Archer TX50E」を購入して、Wi-Fi6対応になった我がパソコン。

あわせて読みたい
tp-link「Archer TX50E」で古いパソコンをWi-Fi6へ ワタクシのパソコンは約10年前に自作したパソコンです。 マザーボードはASUSの「P8Z68-V GEN3」です。 Wi-Fiは搭載されていません。 Bluetoothは2.1です。 むか〜しに購...

使用しているルーターは「BUFFALO WSR−2533DHPL2」で、Wi-Fi6には対応していません。

元々は、古すぎるネットワークアダプターをずっと使用していて、「11ac」にも対応していなく「11n」でのネット接続でした。

それも、2020年11月までは「WiMAX」で、家庭のインターネット回線を賄っていたので、特に問題は無かったのです。

しかし、娘が中学生になり、YouTubeやらゲームやらで、ネット回線を使いまくり、Yahoo!ニュースを開くのすらも、ままならない。と言うことで、1年間無料に惹かれて、楽天ひかりに契約したのです。



そうなると「11n」では役不足。

せめて「11ac」には対応しておきたいと思って「Archer TX50E」を購入した訳ですが、Wi-Fi6対応なので「11ax」で接続したいという願望があり、購入に至りました。

契約している回線は「楽天ひかり」です。最大通信速度は「1Gbps」なので、オーバースペックなルーターかもしれません。

しかし、何事にも余裕が必要だと思うのと、同じメーカーで揃えたいワタクシの嗜好。それと、ルーターを交換すると、速度が速くなるかも?との期待。

安くて良い商品を購入すると、長く使える(ワタクシのパソコン・パソコン周辺機器使用期間は約10年です)コスパ最高の商品を見つけたい。

そんな動機です。

目次

tp-link「Archer AX73」と「Archer 4800」

そんなこんなで、ルーターを探していたのですが、楽天ひかりの回線に接続するのは、どんなルーターでもOKと言う訳ではなく、クロスパス対応ルーター。もしくは、DS-Lite対応と謳っているルーターを使う必要があります。

tp-linkのIPv6・クロスパス対応済みリストと機種はこちら

これにより「IPv6」での接続ができて、高速インターネット化になります。

ワタクシは通信回線のことに関しては詳しくわからないので、どういった通信技術なのか?(クロスパスとは?Ds-Liteとは?など)は、割愛します。

とにかく、これの対応品でないとダメって事を知っているのが大事です。

しかし、対応品だからといって、全てがOKとはいきません。

スマホのMVNOなどや、SIMロック・ロック解除みたいに、メーカーが確認できている商品以外は保証がされません。

対応品であれば、ほとんどの場合が問題なかったりしますが、メーカー未確認の為に、何かしらの対策が必要な場合もあります。

ちょっと前までは、対応品が少なかった気がしますが、今はファームウェアの更新などで、既存のルーターであっても対応している事もあるので、まずはメーカーHPにて確認するのが良いかと思います。

そんな中、メーカーは「tp-link」と決めていたので(パソコンのWi-Fi6ボードが、たまたま安くて目について購入して気に入った・・・それがtp-linkだったので)その中で調べました。

すると「AX4800」なる商品が、2021年8月に発売される。

新しい物好きなワタクシ。そして、新しい商品の方が新しい機能が付いてるのでは?と、考える短絡的なワタクシ。

ちょっと購入前に調べてみました。

AX73 AX4800
ワイヤレス Wi-Fi6 Wi-Fi6
Wi-Fi速度 5GHz:4804Mbps

2.4GHz:574Mbps

5GHz:4324Mbps

2.4GHz:574Mbps

アンテナ 高性能固定アンテナx6 高性能固定アンテナx6
ビームフォーミング 対応 対応
MU-MIMO 対応 対応
OFDMA 対応 対応
プロセッサー 1.5GHzトリプルコアCPU 1.5GHzトリプルコアCPU
有線ポート WAN x 1

LAN x 4

WAN x 1

LAN x 4

USB USB3.0 x 1 USB3.0 x 1
対応フォーマット NTFS,exFAT,HFS+,FAT32 NTFS,exFAT,HFS+,FAT32
セキュリティ WPA3対応 WPA3対応
One Mesh 対応 対応
同時接続台数 80台 80台
クロスオーバー(DS-LIte) 対応 対応っぽい
サイズ(mm) 272.5×147.2×49.2 262.2×144.3×51

ワタクシが思うところの、気になる比較です。

・・・

ほとんど同じ!!

通信速度が若干、違うだけ?

比べる意味ある?

あります。

調べて比べたからこそ「ほぼ同じ性能」と判明するのです!!

まぁ、カタログスペックで比較しても、実際に使うと、微妙なところで差が出たりしますが、それこそ使って比較しないと判明しないので、現実的ではありませんね・・・。

同じようなルーターを2台購入して比較検討できるほど、懐に余裕はありません!!

と、言うことでAX73に決定しました。(AX4800は、まだ発売前でしたし・・・)

Archer AX73の開封です

店頭で商品を発見したときは「でかっ!!」と・・・。

今まで使用していたルーターは、いわゆる普通のタワー型?みたいな小さいタイプだったので、パッケージの大きさにびっくりでした。

箱を開けたら、実は小さかったり・・・しませんでした。

しかし、「tp-link」って、何がきっかけで店頭に並ぶようになったのですかね?

勝手な考えとして、こういったメーカー?は、家電量販店ではお目にかかれずに、通販か自作PCパーツを取り扱ってる店舗でしか、見なかった気がするのですが・・・。

裏側です。

この商品を購入すると決めていたので、店頭で確認する必要はなかったのですが、一応、店頭でもパッケージに書かれている内容を確認したのですが、その時、店舗のスタッフに声をかけられました。

「ルーターの買い替えですか?」と。

そうですが、購入機種はこれと決めているので・・・。と、伝えたのですが、「その機種ですか?」と、若干、しかめっ面で返答を返されました。

なんだ?このスタッフ?と、思っていたら、BUFFALOの機種を勧めてきたのです。

まぁ、一応、声をかけてきたのだから、ルーターに詳しいと思って、専門?スタッフの知識を教えてもらえる、いい機会だと思って話をしていました。

とりあえず、楽天ひかりに繋がらないとダメなので「DS-Lite」で接続できる機種を探してる。と、伝えたのです。対応機種は少ないですよね?と・・・。

まぁ、BUFFALOのHPを見ると、新しい機種は初めから対応、古い機種はファームウェアの更新でクロスパスに対応しているっぽいので、店頭に並んでる商品であれば問題ないのでしょうが、敢えて聞いてみました。

すると、調べてくれました。

そう「任天堂DS-Lite」が接続できるかを・・・。

・・・・

店頭スタッフが全知識を持っている訳では無いのは、重々承知しているのですが、流石にそれは違うやろ!!と、心の中でツッコミを入れ、改めて「クロスパスに対応しているルーター」と、言い直したのですが、それでも通用せずに、お店のパソコンで必死に「ルーターの対応ゲーム機一覧」を眺めていましたよ。

ワタクシの私見ですが、若干、マニアック?なメーカーのルーターを手にとって「これに決めてる」と、言う客ですよ?

こりゃダメだ。と、得られる知識は無いと見切りをつけて、その場を去りました。

こちら側(購入側)が無知識で接客を受けると、本当に必要な商品を選んで貰えない(購入しても使えない)場合があるので、注意しましょう。

またまた、話がそれました・・・。

アンテナがいっぱいです。

付属品は、電源アダプターとLANケーブル。取説です。

真っ黒い箇所は、保護フィルムが貼られています。気泡が入ってるけど。

箱の上に出してみました。かなり大きいです。

なんか、クモみたい。足の数たりてないけど。

アンテナの根元です。

なんか、ガンプラっぽいです。

本体右側にUSB3.0ポートがあります。

これで簡易NASが構築できます。

これも欲しかった機能です。

「BUFFALO WSR−2533DHPL2」のルーターはこれが無かった・・・。その前に使っていたルーターは付いてたのですが、何年も前に購入したルーターについてたから、付いてるだろうと思い込んでいたのですが、ちょっと失敗でした。

背中側です。

設定などに使うボタンです。

LANケーブルの端子です。

4つあります。

電源ボタンと電源コネクタ、WAN端子です。

この電源ボタンですが、「カチッ」と押し込むタイプのスイッチです。

ワタクシは気が付かずに、軽くスイッチを押して電源が入るタイプと思っていたので、あれっ?電源入らん!!と、焦りました。

裏側です。

壁掛けができるように、穴が空いてます。

壁掛けする予定だったので、ありがたいです。最悪、加工して壁掛けしようと思っていたので。

これも、店頭スタッフが「横置きしか出来ない。縦置きは出来ないですよ」と言われてました。

正確には「横置きか、壁掛け」ですよね。

と言うか、この本体を見て誰が「縦置き」できると考えるのでしょうか?

インジゲーターランプです。

通信中は点滅すると思いきや、ずっと点灯しっぱなしです。

設定で時間指定の夜間モードにも出来ます。

インジゲーターの説明です。

しかし、本当に大きいです。

価格が高すぎて諦めた「ゲーミングルーター」なるものを、無理して購入しなくてよかったです。

さらに大きいですし。と、言うか、最大1Gbpsの通信速度なのに、必要ないのですが・・・。なんか見た目で、ね。

大きいと説明しても、センチで説明しても、ワタクシはピンと来ない人間なので、わかりやすいか不明ですが、漠然としたサイズ感です。

ルーターの下に置いてる黄色い紙は「A4」のコピー用紙です。

ご覧の通り、テーブルなどに置く場合は、ほぼA4サイズの場所を取ります。

言ってはいけないかもしれませんが「かなり邪魔」になります。

ワタクシは壁掛けするので、気になりませんが、何も考えずに購入すると、設置場所に困るので、気をつけてください。

しかし、このルーター。

性能の割には、かなり安価だと思うのですが、どうでしょう?

大きささえクリアできれば、簡易NASも使えるし、80台まで接続できるし、最大通信速度も4804Mbpsまで対応。

1Gbpsが当たり前な時代なので、これからは2Gbps・4Gbps・・・が、当たり前になるのも、目の前かもしれません。

これから増えてくるであろう「MU-MIMO」対応のスマホにも対応できる。

Iot機器などの接続で、Wi-Fi接続する家電などが増えた場合でも80台まで接続できるので、余裕があって安心。

最近の家電はネット接続が当たり前になってきていますしね。

そう考えると、かなり長い期間に渡って使い続ける事ができそうなので、コスパが良く、おススメです。

新商品の「AX4800」(2021年8月12日発売?)だと、もう少し安く購入できるので、検討の余地ありかもです。が、ですが、こちらのメーカーHPの「DS-Lite対応機種」の一番下に気になる一文が・・・。

2021年5月現在、新機種を含め他機種での対応予定はありません。

と、言うことは「AX4800」は未対応。になるって事でしょうか?

追記です。

対応しているみたいです。

しかし、このあたり、よく確認して購入してください。

ではでは・・・

あわせて読みたい
「tp-link Archer AX73」と「楽天ひかり」の接続と設定と通信速度 もろもろな理由から「tp-link Archer AX73」を購入した次第です。 https://anytimediy.net/tp-link-archer-ax73/ その設定と、通信速度がどうなったかの記事となります...

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる