【無印良品 壁に付けられる家具】を使ってルーター置き場を設置した訳ありDIY

もうね、いつに買ったか忘れたぐらい・・・。

壁に穴を開けずに付けることができる家具。

恐らくですが、無印が初めてこの商品を出した時に購入した記憶。



これです。

おしゃれな感じで、いつか付けよう。

と、妻と話をして購入したのですが、購入したまま放置状態でした。

10年以上前に購入したはずです・・・。

で、先日「tp link archer AX73」を購入したのです。

あわせて読みたい
「tp-link Archer AX73」を購入して楽天ひかりと接続・・・する前の開封の儀 本当は、この記事内で楽天ひかりとの接続・設定、スピード測定結果を載せようと思ったのですが、横道に逸れて、長くなってしまったので、それは別記事で紹介しようと思...

これが意外に大きくて、どこに置こうか悩んでいたのですが、どうせなら、無印の棚を使おう。と、なりました。

が、

すでに購入してから10年以上経過しており、付属品がどこへやら・・・。

付属品だけ購入すれば良いのですが、すぐに作業がしたいのです!!

と、言うことで、あるもので作業するDIYの始まりです。

目次

取り付けと作業に必要な工具と部品

大袈裟に言ってますが、必要な物は、ほとんどありません。

ドライバーと定規とネジ。

あと、もう一つは重要部品です!!

アンカー

付属品を使えば簡単に取り付けできるのですが、無いものは仕方ないのです。

この「アンカー」とは?

ネジを取り付けすための「土台」みたいな物ですね。

壁にネジを打ち込むだけではダメなの?

正直、軽いものを支えるだけなら大丈夫だと思います。

ただ、モルタル?家の壁は、結構な柔らかさがあるのです。

昔、家の壁に何かを取り付けようとして(何かは忘れました)壁にネジをつけたのですが、モロモロと崩れていき、ネジがバカになったみたいに固定できず、ガバガバになってしまった経験があります。

その時にホームセンターで見つけたのが「アンカー」。

こんな商品があるのだと、早速、購入して取り付けすると、大成功。

その時の残りです。

これまた10年選手です。


これです。

これを壁に埋め込んで(ドライバーでねじ込みます)、十時になってる穴にネジを入れると、しっかりと固定される便利なアイテムです。

ただし

壁に大きな穴が開くので、取り付け位置や、後に取り外すことを考えるのなら、よく考えないと失敗するので注意が必要です

アンカーの取り付け準備

では、アンカーを取り付けしていきます。

家に残ってたのは

この2種類でした。

微妙に大きさが違います。

ちなみに、縦に切れ込みが入っているのは、アンカー中にネジを入れた時、この壁に埋め込んだアンカーのネジ部分が外側に広がって、モルタルの壁にがっちり食い込む為です。

今回は左側のサイズを使います。

サイズです。

このアンカーに入れるネジは、4mmを使用するので探します。

ネジ・ボルトナットコレクションの一部です。

購入した物もありますが、商品の付属品で使用しなかった物がほとんどです。

こういったネジなどを置いておくと、何かと便利です。

良さそうなネジがあったので、これにしました。

取り付けイメージとしては

こんな感じで、ネジの頭をこのプレートに引っ掛けてあげる感じです。

本来であれば、このプレートの窪みに付属パーツで引っ掛けるはずです。

アンカーの取り付け

まずは、1箇所(合計で2個付けます)適当に付けます。

ちなみに、取り付けする壁はこちら。

この足元にルーターが置かれています。

こんな感じで置いてました。

蚊取り線香の箱は、ケーブルの長さが足りなかったので、高さ調整です・・・。

そして、上にインターフォンがあるのですが、その横に延長ケーブルと楽天ひかりの端末を両面テープで付けていたという、荒技です。

光ケーブルが短いのです!!

アンカーをちょっとだけ回して、先っちょだけの跡を付けて目印にします。

ワタクシのお気に入りのラチェットビットドライバーです。

「スナップオン」です。

車の工具でお馴染みです。

でも、高いです。

その分、頑丈で使いやすいです。


これなのですが、通販であれば基本的に並行輸入品になるかと思います。

正規品は、ちゃんとした工具店でないと購入出来ないと思います。

ちなみに、「Snap-onバン」に乗っている人は、スナップオンに認められた凄い人です。

めっちゃ工具に詳しいです。

買える機会がある人は、バンで購入した方がいいです。

工具に生涯保証が付いてきます。

「スナップオン」は高い。ですが、弟分の「ブルーポイント」であれば、お手軽価格?では無いかもしれませんが、ちょっと良い工具が欲しいな?と、思った時は、調べてみてください。

もちろん「KTC」も最高です!!

で、また話がそれましたが、このドライバーを使って埋め込んでいきます。

こんな感じで入っていきます。

この時、電動ドライバーやインパクトなどは使わない方が良いと思います。

前述しましたが、家の壁(モルタル)は、柔らかい(脆い)のです。

その壁に、電動ドライバーの高速回転や、インパクトのような強力パワーでねじ込むと、あっという間にアンカーのネジ部分で壁が削れてしまい、ガバガバになる危険性ありです。

最悪、モルタルの壁の厚みを突き抜けて、壁の向こう側へ「コロン」と、落ちてしまい大きな穴が空いただけ・・・。

なんて事になりかねません。本当になりますよ!!

簡単で便利なアイテムですが、取り付け方を雑にすると、最悪の結果が待っています。

工具も同じですが、しっかりとした使い方・取り付け方を行いましょう!!

ちなみに、「下穴」を開けて作業したほうが、壁のひび割れを防ぐことができるので、しっかりとした取り付け方。と、すれば、下穴処理をした方が良いかもしれませんね。

面倒ですが、ゆっくりとアンカーを押さえ込むように回すのがコツです。

押さえ込むように回さないとアンカーが空回りをして、これまたアンカーのネジ部分で壁を削ってしまいます。

ちょっと注意しながら作業をしましょう。

そう言いながら、ワタクシは別の失敗をやらかしました・・・。後述します。

ちなみに削りながら埋め込むので

床が粉まみれになります。

気になる方は、事前に新聞などを敷くなどして対処してください。

こんな感じで埋め込まれました。

ちょっと斜めになったかな?

これですが、この状態まで埋め込んだ後は、抜いてはダメですよ。

接着剤でつける覚悟であれば良いですが、抜くとガバガバになって、再取り付け出来ない可能性が出てきます。大丈夫かもしれませんが・・・。

ワタクシはそれが怖いので、若干の歪みなどは放置しています。

見えなくなりますしね。

で、ネジを入れていきます。

こんな感じです。

これだと出っ張り過ぎているので、ちょっとずつ調整します。

これで上手く引っかかるようになりました。

反対側の長さを測って、目印を付けます。

後は、もう一つ取り付けするだけですが・・・。

壁の中に隠れた柱に注意

解ってはいたんですよ。

解ってはいたのですが、「大丈夫だろう」で作業をしたのです。

やっぱり、失敗でした・・・。

当然な事に「家」なので、色々な場所に柱が存在します。

壁の中にも柱は存在します。

そう、ここにも・・・。

簡単に確認するのであれば壁に対して「ノック」します。

その音が軽ければ、壁の向こう側は「空洞」。鈍い音であれば、壁の向こう側には「何かしら有り」です。

「何かしら有り」が、柱であれば良いですが、配線の束があって、それを傷つけると、とんでもないことになる可能性があります。

確かホームセンターなどで、こういった事を防ぐために、壁の向こう側をチェックする道具が売っていた気がします。

そこまで高くなかった気がします。

Amazonでありました。


かなりお手軽価格ですね。

ワタクシも買っておこうかな・・・。

関係ないけど、昔に「非破壊検査」ってCMが、やたらと流れていた事を思い出します。

で、失敗した〜。って対策を考えていたので、写真を撮り忘れました。

行った作業としては、途中まで埋め込んだアンカーを抜いて、普通の木工ビスを用意します。

そのビスを、途中まで開いた穴の真ん中目掛けて、ちょっとだけ打ち込みます。

下穴処理ですね。

アンカーは、モルタル材には入っていきますが、下穴無しに木材にねじ込むことは難しいです。

なので、下穴を開けて、無理矢理ねじ込みました。

壁に穴が空いただけの、失敗談にならなくてよかったです。

かなり削れた感じで埋め込まれました。

でも、そのままです。

下手に触ると失敗します。

結果、無事に埋め込むことが出来ました〜。

後は棚を引っ掛けて、ルーターモロモロの移動です。

棚を引っ掛けます

トラブルはあったものの、準備完了です。

こんな感じになりました〜。

いや〜、一時はどうなることかと・・・。

しか〜し、またもや、ここでやらかしたことに気がついたのです。

そう、光ケーブルの長さ・・・。

光コンセントから出ている配線の長さが短いのです。

ワタクシが仕事中に工事に来ていたので、長めにして欲しかったのに、めちゃ短い長さで設置しやがったのです。

これを忘れてました。

上の棚まで届かな〜い・・・。

あとちょっとなのに・・・。

強行手段です。

コンセントカバーを外して・・・

引っ張り出してやりました。

おすすめはしません。

カバーを外すと、こんな感じになっています。

この、黒いカプラーに繋がっている光ケーブルの元線が、奥で余っています。

引っ張り出せるだけ引っ張りました。

そこそこの長さが確保出来ました。

で、これを外に出してあげます。

先っちょは、こんなカプラーです。

こんな感じで無理矢理、外に出します。

配線カバーに通します。

引っ張り出せた分です。

配線カバーを使って、こんな感じで支えました。

う〜ん。不恰好・・・。

ルーター設置

で、棚上にルーターと延長コードを設置です。

めっちゃ、ごちゃごちゃしてます。

でも、上部なので気にしません。

もっと綺麗に配線をしようと思ったのですが、疲れたので終了です。

思えば、延長光ケーブルを購入して、端末機とルーターをテレビ横まで持っていってあげた方が、



見た目もスッキリで、右側の天井に這わしているLANケーブルも無くなるので、一番簡単で楽ちんだったのでは?

と、今回の作業を台無しにする事を考えたワタクシでした。

ではでは・・・

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる