絶対オススメ!!スマートリモコン「Switch Bot」の「ボット」の組み合わせでIoTを目指す

Amazon echo

エアコンリモコンの故障をきっかけに、スマートリモコンの導入。そして「IoT」を目指す事となりました。

「Switch Bot ハブミニ」と「Amazon echo(アレクサ)」でIoTを目指す
Amazonの「echo(アレクサ)」を、購入しました。 当初は、「Amazon MUSIC」を、楽しむのが目的でしたが、寝室のエアコンのリモコンが壊れたのです。 10年以上前のエアコンで、リモコンが売っていない。 そして...
スマートリモコン「Switch Bot」と「温湿度計」の組み合わせで「シーン」を設定する
エアコンのリモコンが故障したのがきっかけで、IoT化を目指してスマートリモコンを購入しました。 肝心のエアコンリモコンの詳細設定は、そっちのけで、ガジェット好きなワタクシは、機器の接続にハマっています。 その一つ...
スマートリモコン「Switch Bot」の「ハブミニ」で、テレビのリモコンを登録する
スマートリモコンで操作する家電の一番多い機器。 恐らくテレビかな~と。 最近はテレビを見ない方が多くなってきたので、テレビよりか照明やエアコンの方が需要が多いかもしれませんね。 しかし、リモコンと言えばテレビ。って感じがし...

そして、アナログ家電や電化製品を、一気に便利にできて、一番のお遊び要素を持っている商品。

これが「ボット」です。

「Switch Bot」と「ボット」

名前が同じなので、初めは何が何やらで、スマートリモコンの本体はどれなのか?何が必要なのかが、非常にわかりにくかったです。

  • 「Switch Bot」→ メーカー名・ブランド名
  • 「Switch Bot アプリ」→ 「Switch Bot」の各商品を操作管理するアプリ
  • 「Switch Bot ハブミニ」→「スマートリモコン本体」
  • 「Switch Bot 温湿度計」→ 単体使用可能・ハブミニと連携可能
  • 「Switch Bot ボット」→ 単体使用可能・ハブミニと連携可能

この考え方でOKなか?と思います。

他にも、カーテンを開閉してくれる商品や、加湿器などもあります。

センサースイッチもあるっぽくて、例えば、玄関に設置すると、センサーに反応して、リビングの照明をONにしたりできます。

しかし、リビングの照明などの機器が、リモコン操作できる商品では無く、従来通りの、壁にスイッチがある照明だったら?

照明をオンにできないんじゃないの?

スマートリモコンって、複数リモコンを、一つのリモコン(この商品で言えば、ハブミニ)で操作するための物ではないの?

それが、この商品を使うと、リモコンが無いスイッチ式の機器でも、操作が出来るようになるのです!!

Switch Bot「ボット」は超便利(単体使用可能)

この商品も、温湿度計と同じく、単体使用が可能です。

「ハブミニ(リモコン)」は、インターネット回線を利用して、スマホアプリから指示を受け、各リモコンの電波を発射します。

対して、この商品は、Bluetooth接続で操作できるので、スマホアプリと、この商品「ボット」のみでも、使用は可能です。

とりあえずは、どんな感じかな?

と、試したい場合でも、初期投資が少なくて済むので、ありがたいですね。

但し、その場合は、インターネット回線に接続していないので、外出先からの操作は不可になります。

外出先からの操作も行いたい場合は「ハブミニ」を、購入して、インターネット回線に接続する必要があります。

そうすれば、さらに便利に使うことができます。

そして、肝心なのは、これは何が出来る商品なのか?ですね。

簡単に言うと

「物理スイッチを押してくれる指」

です。

ここで、「IoT」を考えたときに、代名詞として出てくる「スマートプラグ(コンセント)」の導入を、一番に考えるかと思いますが、この「ボット」の方が、圧倒的に汎用性が高いと考えます!!

スマートプラグ(コンセント)は、あくまでも「コンセント」なのです。言うなれば、それぞれのコンセントにスイッチが付いて、電源をオン・オフできる省エネ?コンセントを、スマホで操作できるだけです。

ワタクシは、スマートプラグの購入を考えていたのですが、使用用途が限られることから、導入を見送っていました。

イマイチ、利便性を見出せなかったのです。

しかし、この「ボット」ですが、正にワタクシが望んでいた商品なのです!!

絶対に無駄になるし、今はスマホがあるので、試そうとも思いませんが、「指代わり」に、なるので、この「ボット」を12個ほど揃えて、固定電話機に設置すると(商品のサイズの関係で、取り付けには工夫が必要ですが)、離れていても、固定電話から電話をかける事が出来るのです!!

絶対にやらんけど・・・。

そんな「指代わり」をしてくれる、絶対オススメの商品です。

Switch Bot「ボット」の開封です

お馴染みの表と裏の外箱です。

簡単な説明が、サイド部分に記載されています。が、この商品を店頭で見る機会があるのかは、甚だ疑問です・・・。

電池は、ボタン電池で駆動します。

本体です。

サイズは小さいですが、壁のスイッチから考えると、少し大きいかな?って感じです。

しかし、モーターやら基盤やらを考えると、小型化が望ましいですが、価格が高くなるのと、故障の原因になるので、程よい塩梅が必要ですね。

内容物です。

本体と、補修用の両面テープ。

そして、スイッチをオンにする時は「押す」だけで良いですが、「オフ」にする時は、スイッチを起こす(オンの逆側を押す)必要があります。

それを、引っ張り起こす為に、シーソー型のスイッチに張り付ける為のアタッチメント?です。

微妙にループ、ライン(てぐす?)の長さが違います。

オンオフスイッチに応じて使い分けが必要です。

また、これで対応できない場合は、釣り糸などのラインを購入して、自作が必要ですね。

この辺りは、ワタクシのブログの題名でもある「DIY」魂に火を付けます!!

ボットの動きを設定する

スイッチの動きの設定は

「押す」か「スイッチ」モードの2種類です。

「押す」は、プッシュスイッチ?と、言えばいいでしょうか?

扇風機などで見られる、風量の弱・中・強の調整ボタンみたいなスイッチの場合に使用します。

「押す」モードだと、壁に付いてるシーソー型の照明スイッチだと、使えなくは無いですが、この「ボット」が、2個必要になります。

その場合は「スイッチ」モードです。

「スイッチ」モードで「オン」にすると、アームが下に動きます。

「押す」モードだと、勝手にアームが上に戻りますが、「スイッチ」モードの「オン」は、アームが一度下がって、中途半端な位置まで上がって止まります。

これは、押したままの状態だと、手でスイッチを操作しようとすると、アームが邪魔で操作できなるからだと思います。

「オフ」にすると、中途半端で止まっていたアームが上に上がります。

この動きと、付属のアタッチメントを使うことにより、シーソー型のスイッチでも「オン・オフ」が、可能となります。

これです。

「長押し」も、出来るので、パソコンの電源をオフにする時などでも、使えたりします。

パソコンの場合は「押す」モードですかね?

後は、タイマー設定もできます。

何時何分に動かすか、ですね。

パッケージに書いてある「コーヒーメーカー」ですが、おそらく、このタイマー機能を使って、起床時間にセットして、コーヒーメーカーに、このボットを取り付けすることによって、起きたらすぐにコーヒーが出来上がってる!!

って事だと思います。

やろうと思えば、IHクッキングヒーターに「押す」モードで設置しても、同じような事は可能ですが、まぁ、危ないし邪魔です。

しかし、こういう発想が、違うことに生かされたりするので、頭の隅に置いておきます。

後は、クラウドサービス(ワタクシの場合はアレクサ)と連携すると、外出先でも「オン・オフ」が、可能になります。

右側の画像は、ログ画面です。

実際には日にちと時間も表示されています。

クラウドサービスに接続して、何に使うの?ですが、照明に取り付けた場合、帰宅時間が遅くなり、部屋が真っ暗のまま。

数日間、旅行に出かけて家が無人状態。

無用心ですね。

こういった時に、クラウドサービスを利用して、照明をオンにしたりすると、ずっと点けっ放しより、人が実際に動いている様に見せることが可能ですね。

さらに、テレビのリモコンや、エアコンのリモコンを登録していれば、電気代は必要ですが、家は無人でもテレビやエアコンを付けて、人が生活しているように見せることができます(クラウドサービスにはハブミニが必要)。

空き巣対策にも効果はありそうですね。

その他にも、色々と考えることができます。

シーソー型、照明スイッチに取り付ける

両面テープで貼るだけなので、簡単です。

スイッチを引き起こせるように、

このテグス付きのアタッチメントを、スイッチにつけます。

で、ボットのアームに引っ掛けてあげて終わりです。

しかし、わかってもらえるでしょうか?

電気が点いてる画像には、ダンボールが挟まれています。

そう、ボットの本体が、パネルからはみ出ているので、スイッチをオンにした時、ボット本体が傾いてしまうのです。

今はいいですが、使い続けていくうちに、両面テープが外れること確定です。

そこで、その隙間を埋めるべく、ベニヤ板を使いました。

何でもいいかと思いますが、手元にベニヤ板があったのと、カッターで切れるから、ちょっとした事に簡単に使えて、安くて便利です。

適当に切って、当ててみます。

角が出てるので、カットします。

かなりテキトーです。

一枚では、厚みが足りなかったので、2枚貼りました。

これで、大体の高さは合ったので、良しとします。

しかし、結構な力で押し込むので、パネルが弱かったり傷んでいれば、パネル自体が割れてしまう可能性もあります。

その為、両面テープで本体を固定する前に、手で押さえて、アームの押し込み具合を確かめた方が良いかと思います。

押し込みが深くて強い場合は、本体付属の両面テープを貼り増しして、アームとスイッチの距離を離して、押し込みが弱くなるように調整してあげたり、クッション付きの両面テープに変えて、ちょっとでもパネルなどにかかる力を弱くしてあげたりと、工夫が必要になるのかな〜と。

アレクサ「電気点けて」

いや〜。

便利なもんですね。

座っていながら、話しかけるだけで「オン・オフ」が出来る。

「座っていながら」は、リモコンも同じですが、手に何も持たずに動かずに、口を動かすだけです。

自分では何もしない・出来ないくせに、口だけ出してくる、口うるさい上司になった気分です・・・。

しかし、とりあえずは照明のスイッチにつけただけですが、照明でも、壁にスイッチがなくて、紐を引っ張るタイプもあると思います。

この場合でも、取り付けに工夫すれば「押す」モードで、紐を引っ張ってあげる事によって、利用は可能ですね。

色々な機器に応用ができそうで、また、複数個を組み合わせることで、何かできそうな可能性を秘めています。

中々に、面白いです。

欲を言えば、一個単価が2,000円を切って欲しい・・・。

だって「ハブミニ(スマートリモコン本体)」と同価格か、それ以上ですよ・・・。

単体使用もできるので、スマートプラグを購入するより、絶対に、この商品を購入した方が、満足感は高いと思います。

ではでは・・・

 

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました