スマートリモコン「Switch Bot」と「温湿度計」の組み合わせで「シーン」を設定する

Amazon echo

エアコンのリモコンが故障したのがきっかけで、IoT化を目指してスマートリモコンを購入しました。

「Switch Bot ハブミニ」と「Amazon echo(アレクサ)」でIoTを目指す
Amazonの「echo(アレクサ)」を、購入しました。 当初は、「Amazon MUSIC」を、楽しむのが目的でしたが、寝室のエアコンのリモコンが壊れたのです。 10年以上前のエアコンで、リモコンが売っていない。 そして...
スマートリモコン「Switch Bot」の「ハブミニ」で、テレビのリモコンを登録する
スマートリモコンで操作する家電の一番多い機器。 恐らくテレビかな~と。 最近はテレビを見ない方が多くなってきたので、テレビよりか照明やエアコンの方が需要が多いかもしれませんね。 しかし、リモコンと言えばテレビ。って感じがし...

肝心のエアコンリモコンの詳細設定は、そっちのけで、ガジェット好きなワタクシは、機器の接続にハマっています。

その一つが「温湿度計」です。

エアコンの調整にも利用できる温湿度計です

スマートリモコンって、色々と難しそうな感じを思っていましたが、実際に購入して利用すると、色々なことが判明してきます。

この「温湿度計」も、スマートリモコン本体の「ハブミニ」が必ず必要と思っていたのですが、単純に「温湿度計」だけが欲しい。と、言う場合でも、アプリのダウンロードと、この商品だけでも使用は可能です。

全てをインターネットで接続するわけではなく、Bluetoothでスマホと接続して、そのデータをアプリで見る。操作する。

「情報管理アプリ」でもあります。

そして、「ハブミニ」とアプリを使用する事によって、それぞれをリンクさせて、機能を充実させることが出来るのです。

今回の「温湿度計」で、あれば、室温が何℃以上になれば、エアコンを作動させる。などです。

Switch Bot 温湿度計の開封です。

何やらシンプルです。

かなり小さいです。

こちらの電源は、USBではなく電池駆動です。

そして、マグネットを使って、壁などに設置できるアタッチメントがついています。

とりあえず、電池を入れます。

裏蓋を開けて入れるだけです・・・。

視野角は狭く、ちょっと横から見ようとすると、かなり見難いです。

前世代的な液晶です。

まぁ、こう言うところで価格を抑えてくれているのだと考えると、ワタクシ的は「あり」です。

あくまでも「アプリ」で管理するための、温湿度計と考えています。

アプリに登録します

アプリを開いて、右上の「プラス」マークをタップします。

今回は、温湿度計を追加するので、それを選択します。

機器の裏側のボタンを長押しです。

これだけです。

あとは、名前をつけて、登録完了です。

簡単です。

データを見てみよう

温湿度計が測定したデータが、どのように表示されるかの確認です。

その前に、温度表示の「摂氏」「華氏」の設定を確認します。

右下の「プロフィール」をタップして、「設定」です。

ここの「温度の単位」を選択すると、選べます。

では、データ管理です。

すでに、他のデバイスを登録しているので、何個かホーム画面に出てきていますが、「温度計」をタップすると、右画像のように、温度と湿度の推移を確認できます。

「日」を選択しているので、24時間あたりの推移が表示されていますが、「時間」を選択すると、もっと細かく推移を確認することができます。

単体で使用した場合は、ここまでですかね?

では、「ハブミニ」を利用して、エアコンリモコンとの連携です。

シーン設定を行う

ホーム画面の下にある「シーン」をタップします。

真ん中の画面になるので、右上の「+」をタップします。

この「シーン」とは、どの条件になれば、どういった動作を行うのか?

を、設定できます。

エアコンと温湿度計の組み合わせでは

「室温が25℃以上になればエアコンの冷房を20℃設定でオンにする」

などです。逆に、

「室温が22℃以下になれば、エアコンをオフにする」

も、可能です。

条件設定

右側の画像は、条件と動作を設定した画像になります。

とりあえずは、左側の「すべての条件が満たされた時」の横にある▼マークを押します。

そうすると、右側の下側に出てきている感じで

「いずれかの条件が満たされた場合」

での設定も出来ます。

「or」と「and」ですね。

では、どういった条件で設定できるのでしょうか?

まずは「手動実行」

設定すると「一回実行します」との文字が・・・。

これは、繰り返しする動作では無く、一回だけの動作で完了する。と、言う意味なのでしょうか?

一回だけの動作で、設定する手間は掛けたくないです・・・。

ちょっと、使っていないので不明です。スミマセン・・・。

お次は「スケジュール」です。

そのままで、何曜日の何時何分になれば・・・との条件ですね。

毎朝5時に起床するのであれば、4時50分にエアコンをオンにするとかですね。

そして、オプションで追加した「温湿度計」の出番です。

 

温湿度計(名称を温度計に変更しているので、ワタクシのスマホでは温度計と表示されています)を選択すると、このような画面がでてきます。

それぞれ、温度と湿度です。

これを設定すると、

室温が何℃以下・何℃以上

湿度が何%以下・何%以下

になれば、どうするのか?の設定が出来ます。

オプション品の真骨頂です。

初めの画像で設定したのは

「25℃以上になれば」の、条件です。

では、25℃以上になれば、どういった動作をするのかを「アクションを追加」で、設定してあげます。

アクション(家電操作)の設定

動作条件を設定してあげたら、次は操作設定です。

「アクションを追加」の+マークをタップすると、右側の画面になります。

接続されているデバイス、もしくは登録したリモコン機器を選択します。

「シャープ」の名前をタップすると、エアコンのリモコン画面になります。

これは、ワタクシがシャープのエアコンリモコンの名前を「シャープ」と、しているからです。

名前は任意に設定できるので「リビングエアコン」などでもOKです。

テレビのリモコンを登録していれば、テレビのリモコン画面になります。

この画面で、

  • エアコンオン
  • 冷房
  • 風量自動
  • 温度29℃

で、設定します。

これで、動作条件と機器操作設定が終了です。

自動実行をオンにする

シーンの設定を確認して、右上のチェックマークをタップします。

シーンの一覧に、アイコンで温度計とエアコンのマークが出ています。

このスライドスイッチをオンにすれば完了です。

もし、この動作条件と機器操作設定で、日時指定を行いたい場合は「日時設定」 をタップすると、一番右側の画面が出てきて、こちらで設定できます。

接続しているデバイス全てに設定できるので、絶対にしないような設定。

例えば、室温が30℃になればテレビをオンにする。

とかも設定できます。

色々と遊べそうですね!!

そして「クラウドサービス」を「オン」にしてあげれば、アレクサやGoogleアシスタント経由で、外出先からも操作ができます。

便利な世の中になりましたね〜。

ではでは・・・

絶対オススメ!!スマートリモコン「Switch Bot」の「ボット」の組み合わせでIoTを目指す
エアコンリモコンの故障をきっかけに、スマートリモコンの導入。そして「IoT」を目指す事となりました。 そして、アナログ家電や電化製品を、一気に便利にできて、一番のお遊び要素を持っている商品。 これが「ボッ...

 

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました