【SwitchBot】の【Bot】を使ってパソコン電源を操作する

FLEXSPOT様のキャンペーンで【電動昇降ゲーミングスタンディングデスク・セット GD9E」が当選して、ワタクシの作業部屋へ設置した訳です。

結果は「めちゃ楽にキーボードが打てる!!」です。

デスクが変わるだけで、こんなにも違いが出るのか!!と、驚くほどです。

その設置には作業が伴います。

組み立が簡単です。

それは簡単でした。

が、

諸々の移設作業が大変でした。

その一環で、ワタクシの環境での話ですが、パソコン本体を横置きにしたのです。

すると、カラーラックとの横幅の関係で、あとチョット・・・。

置けるには置けるのですが、ケーブルにテンションが掛かってしまうので、どうにか解決できないかと思い立ったわけです。

その時に「SwitchBot」の機械式スイッチ商品が使えないか?

と、思った次第です。

結果は大成!!

ちょっと特殊なワタクシの環境ですが、

腰をかがめてパワーオン!!

している方は、絶対に便利と思うはずです!!

目次

【SwitchBot】とは?

スマートリモコンと言われている商品です。

他にも色々なメーカーが販売しています。

「Iot(インターネットオブシングス」

色々な商品(電化商品)をインターネットに接続して、便利に使おう!!

って言う一つです。

でも、スマートリモコンと言っても、何それ?って方も多いと思います。

家電商品のメーカーごと・商品ごとに「リモコン」があったりしますよね?

そのリモコンを一つにまとめて「スマホで操作してしまおう!!」って商品です。

ただし、アプリをスマホにインストールしたり、ネットに接続したりする設定をする必要があるので、安易に「簡単に出来ます」とは言えないかもしれませんね。

ワタクシもその内の一人でした。

「全部の家電を買い替えないと出来ないんでしょ」って・・・

違いました。

そういった商品もありますが、今回、紹介する「Bot(スイッチ)」は単独でも使用できる便利な

遠隔操作が出来る物理スイッチ(人間の指の代わり)

なのです。

こんな動きです。

スマホは必要ですが・・・。

これを使って、快適にパソコンの電源のオン・オフを可能にした話です。

パソコンだけでなく、部屋の電気のオン・オフ(壁に付いてるスイッチを押してくれたり出来ます)にも使えたりします。

あわせて読みたい
絶対オススメ!!スマートリモコン「Switch Bot」の「ボット」の組み合わせでIoTを目指す エアコンリモコンの故障をきっかけに、スマートリモコンの導入。そして「IoT」を目指す事となりました。 https://anytimediy.net/switch-bot-amazon-echo-iot/ https://...

パソコンの設置環境

前記しましたが、「FlexiSpot」様が販売している「電動昇降ゲーミングスタンディングデスク・セット GD9E」が、キャンペーンで当選したのです!!

そして、そのデスクを設置して、モニターパソコン本体、その他もろもろを設置していった訳ですが、パソコン本体の出っ張りが邪魔をして、良い感じに置くことが出来なかったのです。

そして、本来のタワー型のパソコンは、縦?に置いて電源ボタンが正面に来るかと思います。

ワタクシの部屋は狭いのです。

縦置きにするより、横置きにした方がスペースが確保される。

と、切実な理由から横置きにしたのですが、パソコン本体の横にカラーラックを置いたので、ギリギリ感満載!!

コードが断線するよ!!ってぐらいの曲がり具合だったので、パソコン本体の「出っ張り部分」を移設して、ついでに「遠隔操作、必殺指ボタン(Bot)」を使って、より便利にしてみました。

ちなみに、こんな感じのパソコン設置状況です。

右側に見える黒い脚が、パソコンテーブルの脚です。

ギリギリどころか「密着」状態です。

なので、パソコンの電源を入れる為には、かがんで腕を伸ばして、見えないスイッチ目掛けて手探りで押さないとダメな訳です・・・。

そんなの、毎回やってられません!!

画像の下側の白いBOXが見えますか?

これが「SwitchBot」の「Bot」です。

ややこしい名前ですが、画像の商品名は「ボット」です。

パソコンの電源スイッチの加工

パソコンの電源スイッチを外します。

外さなくても、そのままでOKな場合がほとんどかと思いますが「出っ張り」が、邪魔だったので、スペース確保の為に外しました。

外し方は、パソコン・ケースによるので割愛します。

ちなみに、一番の出っ張りで邪魔だったのは、赤矢印の部分についていたUSB端子です。

これです。

今のパソコンは付いていなかったりしますが、昔のパソコンでは当たり前ですね。

自作PCなので、ケースにも寄りますが・・・。

AMDのAthlonステッカーが時代を感じさせます・・・(自分で貼ったのですけどね)

で、肝心のスイッチですが

これです。

プッシュ式です。

このままだと「ボット」の取り付けが出来ません。

なので。思い切って

えいや!!

って、ペンチで下のツメ部分を折ってやります。

ペンチで挟んでグニッってやるだけで、こういったツメ部分は折れてくれます。

はい。

折ってあげました。

平らにする必要もないので、ヤスリ掛けなどもせずに、このまま次の作業に移ります。

スイッチと「ボット」の高さ調整

先にも動画を載せましたが、ボットは「ボタンを押す指の代わり」になります。

が、押す力と、押す振り幅の設定は出来ません。

なので、スイッチとの位置関係が重要になります。

と、言うのも「ボット」の押す力は「めっちゃ強い」です。

その為、軽く押しても動作するスイッチの場合は浅く押す必要があるので、押したいスイッチより本体を高い位置に設置する必要があります。

ここで活躍するのが「ベニヤ板」です。

ホームセンターに行けば、格安で手に入ります。

そして、カッターで簡単に切ることが出来ます。

これを利用して高さ調整を行います。

適当な幅と長さでカットしていきます。

こんな感じでカットして、両面テープで貼っていきます。

両面テープは「強力タイプ」を使うので、その厚みも考慮して一枚ずつためしてきます。

最終的には、こんな感じになりました。

スイッチの台座よりか、ベニヤ板一枚分、高い位置になるようにしました。

実際の動作を確認

高さを調整しながら、ボットを動かしながら、押さえつけ過ぎないような高さに調整して、張り付けました。

その動作風景です。

無事に動作して、パソコンが起動しました。

これで、スマホから操作してパソコン起動ができます。

そして、「SwitchBot」は「アレクサ」対応なので、「AmazonEcho」に

「アレクサ、パソコンつけて」

と、呼びかければパソコン起動です。

便利です。

みなさんも、よかったら検討してみては?

ではでは・・・

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる