ゼットソー「ソーガイドセット」で真っ直ぐ木材を切ろう

みなさま、人生で一度ぐらいは「ノコギリ」を使って木材を切ったことはあるのではないでしょうか?

しかし、真っ直ぐ真下にノコギリを動かすのは、素人には難しいと言うか、無理ですよね〜。

そこで、線を真っ直ぐ引くために定規を使うように、ノコギリを真っ直ぐにして、綺麗に切るためのノコギリ用の定規なるものがあるのです。

すごく便利で、切断面も綺麗に切れます。

これを知って使用した時は衝撃でした。

「すげ〜簡単に綺麗に真っ直ぐ切れる〜」

と、木材を切るのが楽しくなってます。

木工DIYをこれから始めようかな?と考えている方に、かなりオススメです。

初期投資は必要ですが、木工DIYが楽しくなりますよ!!

目次

(株)岡田金属工業所 ゼットソー ソーガイドセット

こちらです。

本体

かなりしっかり・がっちりした商品で、重量もそこそこあります。

無骨な感じも「道具」と言う感じがして好きです。

裏側です。

何やらいっぱい穴が空いてて、ネジもいっぱいありますね〜。

角度位置決めネジ穴

このネジ穴は、切る角度を変更するときに、ビスの留め位置を変更して45度の角度で、切断できるようにする穴です。

現在発売中の商品は、スライドさせて角度調整できるようになっているので、さらに便利になっています。

ストッパー

本体下側に取り付けできる、木材に対して真っ直ぐにノコギリを当てるためのストッパーです。

これが有るのと無いのとでは、作業のスピードも違ってきます。

ダミープレート

ノコギリの通り道を事前に調べるためのプレートです。

これを使って、位置決めをしていきます。

これも、あるのと無いのとでは、切断したい長さの正確さが違ってきます。

この位置決めが重要なので、慎重にセットします。

あとはノコギリをガイドプレートに入れて切るだけです。

たったこれだけで、すごく綺麗な切断面で、さらに真っ直ぐ切断する事ができます。

フリーハンドで切ると、真っ直ぐノコギリを入れることができた。と思って切断面を見ると、ガタガタになってたりします。

厚み分を切るときに、左右にノコギリが振れてしまうと、ガタガタになってしまいますよね。

これも皆無です。

切断面

1X4材であれば、簡単に力も入れずに切る事ができるノコギリです。

しっかりとクランプで固定して作業した方がいいですが、小さな木材で1X4材であれば、力を入れずに簡単に切れるので、手で押さえなが切ることもできます。

取扱説明書

メーカーホームページで説明書が見れるようになっているので、あえて写真で撮った説明書を上げる必要もないですが・・・。

写真で撮ってるので、斜めになったりして見難い!?

ワタクシが持っている商品のパーツ一覧です。

水平スライダーは今回、載せていませんが、大きな板を切るときに便利です。

ノコギリの刃とグリップが取り外しできて、刃の交換が可能です。

初めはバラバラの状態で届くので、組み立てが必要です。

切断面を45度の切断をする場合の金具の取り付け方

これで2本の材木を切ると、お店で売っているような、角が90度につながる綺麗な本棚なども作れますね。

左右45度に切断するためのネジ位置。

現在発売中の商品は、この「ネジを外して取り付ける」手間が省かれて、ネジを緩めて角度調整ができるようになっています。

切り方の説明です

ぼやけて文字が見難いですね・・・。

わかりやすい説明書です。

絵を入れての説明は、視覚的にわかりやすいので、作業のイメージがしやすいです。

広い板を切る時に使用する「平行スライダー」の使い方です。

位置決めストッパー(本体の下につけるアダプター)が使用できないので、真っ直ぐにスライドして切るための延長アダプターですね。

元となる「直尺」が曲がっていたり、固定の時に斜めになれば真っ直ぐ切れないので、慎重にセットする必要はありますね。

いかがでしたか?

便利そうに思うでしょう?

実際に便利で、本当にオススメ商品です。

今まで真っ直ぐ切るために苦労していたのは何だったのだ?

もっと早く購入しておけば良かった!!

と、本当に思える商品です。

オススメです。

あと、無料でダウンロードできるこれ。

「もでりん」が超便利

同社が製作した、木工作図用の無料のアプリです。

メーカーホームメージはこちら

ワタクシは使いこなせていませんが、こういった事ができます。

3Dで、自分が考えている工作品の設計ができます。

超簡単な工作ですが・・・

真上から見たイメージ

奥行きがわかります

正面から見たイメージ

高さと横幅がわかります。

真横から見たイメージ

そして、さらに便利なのが印刷機能。

こんな感じで、どういった切り方をするのが一番効率的かが判明します。

端材を出さない為や、実際に何本必要なのか?

また、ホームセンターなどで材木をカットしてもらうのであれば、これを印刷して持っていけば、お店のスタッフも分かりやすいと思います。

切り方の組み合わせも自由に移動できます。

さらに

設定で、材木の価格を入力しておけば、必要予算の計算までしてくれます。

こういった機能は便利ですね。

こんな感じの物を作りたい。と考えて設計。

でも、これってお金かかりそうじゃない?

って時に、全ての材木の長さを書き留めて、一本で取れる本数と組合せ効率を考えて、必要本数を計算する。そして金額計算をする。

適当に作った工作品であれば、ここまでするのは手間ですよね。

これを簡単にしてくれます。

便利です。

DIY初心者の方も、中級者の方も、こういったツールを一度も使ったことのない方は、一度、使ってみては?

ではでは・・・

あわせて読みたい
1×4などの材木を繋ぎ合わせる便利な道具「Kreg ポケットホールジグ320」 クレッグと読むみたいです。 ケロッグじゃぁ無いみたいです。 【ポケットホールってどんな作業でどんな事ができるのか?】 ポケットホール。ワタクシもこういった加工作...
あわせて読みたい
ゼットソー「ソーガイドセット」とKreg「ポケットホール」と使って超簡単、1X4棚作り 以前、Kreg ポケットホールジグの紹介をしました。 https://anytimediy.net/kreg-pockethole/ この商品と「ゼットソー ソーガイドセット」を使用して、セリアで購入し...

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる