ゼットソー「ソーガイドセット」とKreg「ポケットホール」と使って超簡単、1X4棚作り

以前、Kreg ポケットホールジグの紹介をしました。

あわせて読みたい
1×4などの材木を繋ぎ合わせる便利な道具「Kreg ポケットホールジグ320」 クレッグと読むみたいです。 ケロッグじゃぁ無いみたいです。 【ポケットホールってどんな作業でどんな事ができるのか?】 ポケットホール。ワタクシもこういった加工作...

この商品と「ゼットソー ソーガイドセット」を使用して、セリアで購入した小物入れの棚を作ろうと思います。

使用する材木は、SPF 1X4材です。

目次

棚の設計をする

設計と言っても、ただ切った1X4材に、脚として短く切った1X4材を繋げるだけの、超簡単な棚です。

セリアで購入した小物入れ「バックルBOX」

横幅117㎜・奥行き176㎜・高さ115㎜

小さめなので、かなりしっかりしています。重たい物を入れても積んでも、ケース自体がたわむ事がありません。

また、フタもロックできるタイプでオススメです。

しかし、上に積んでいくと下のBOXが取りにくいので、これの棚を作ります。

横方向に5個並べて置けるようにします。

これと、もう一つのセリアで購入した小物入れ。

これを横に3つ並べる事を可能にする長さです。

材木の長さは、小物入れの横幅「117 X 5」ですが、それだとマチが無さすぎて失敗しますね。その為、「120 X 5」「600㎜」と、します。

高さ(脚)に関しても「115㎜」きっちりにすると、取り出せません。ここは取りやすさを考えて「15㎜プラス」「130㎜」とします。

では、この長さで木材をカット・・・すると、失敗します。

昔は何も考えずに、実寸だけを計測して作って失敗してました。

材木の厚みを考えよう!!

当たり前ですが、案外、DIY初心者が陥りやすいミスかなと・・・。

1X4材は、厚みが19㎜です。

脚を棚板の横に付けるのか、下に付けるのかで、どちらに19㎜を足すのかが変わりますね。

一応、上に積んでいく棚ということで、重さに耐えれるように、棚の下側に脚を付けます。

その為、「600㎜」の棚板に「19㎜ x 2(左右の脚)」の38㎜をプラスして「全長638㎜」の棚板とします。

これで内側の横スペースが「約600㎜」になりますね。

棚板の下に足をつけるので、脚の長さは「130㎜」のままです。

638㎜ x 1

130㎜ x 2

これが1セットの超簡単、棚作りです。

材木カット

お手軽にするのであれば、ホームセンターで材木を購入して、その場でカットしてもらうのも一つの方法です。

カット代は必要ですが、作業時間が大幅に短縮されます。

が、

あまり過度に信頼すると、痛い目をみます。

ワタクシも一度、依頼したことがあるのですが、確かに早いです。

電動丸鋸でカットするので。

しかし、カットの際に注意されますが、数㎜単位の誤差が発生します。それを了承の上でのカットだったのですが・・・。

この「数㎜の誤差」が、どういった誤差なのかを考えていませんでした。

「数㎜ぐらい」自分でカットしても誤差は出ます。

今回の例でいくと、全長130㎜で材木を6本カット

これが

「全長132㎜が6本」出来上がった。

これだと、全て同じ長さでの2㎜の誤差なのでOKです。

さらに言えば、長い方向での誤差だと再調整が可能です。

2本は128㎜・1本が129㎜・1本が130㎜・2本が131㎜

なんて具合で、誤差の範囲がバラバラだったのです。

しかも、短い方向への誤差も有り。

せめて長い方向への誤差にして欲しかった・・・。

こんな経験があった為に、面倒でも自分でカットすることにしています。

そこで、便利な道具

ゼットソー ソーガイドセット

これです。

メーカーホームページはこちら

かなり便利です。

少し重量がありますが、安定感を考えたら必要な重さなのかもです。

あわせて読みたい
ゼットソー「ソーガイドセット」で真っ直ぐ木材を切ろう みなさま、人生で一度ぐらいは「ノコギリ」を使って木材を切ったことはあるのではないでしょうか? しかし、真っ直ぐ真下にノコギリを動かすのは、素人には難しいと言う...

では、カットです。

ソーガイドをセットしてカットです。

ちなみに、作業場はワタクシの部屋のクローゼットです。

ゴミ袋の中にダンボールをセットして、木屑が中に入るようにします。

簡易作業台にもなります。

ちなみに、クローゼット内は無風なので、自分が息を吹きかけたり、大きく動いたりしない限り、木屑が舞い散ることはあまり無いです。

足を切るときのアップ写真です。

余った材木を使用しているので、穴が空いてます・・・。

一本切った物を当てがって、線を引きます。

右側の線がそれです。

ソーガイドのガイドプレートを入れて、ノコギリの通り道を確認します。

この時、線の真上にガイドプレートを持ってこないようにしましょう。

ノコギリの厚み分が削られるので、材木が短くなってしまいます。

ちょっとわかり難いですが、手前側の材木の長さを確保するので、ガイドプレートの内側に、ギリギリ線が見えるようにします。

これで線の外側に、ノコギリの刃が通ります。

これを逆に、外側のプレートから線を見えるようにセットすると、線の内側をノコギリの刃が通ってしまうので、短くなってしまいます。

注意しましょう。

しっかりと固定して切っていきます。

綺麗な断面でカットできました。

木屑がかなり残っています。

これを舞い散らせないように、下のダンボールに落とします。

便利なのがコピー用紙

こんな感じで、削ぎ落とすように優しく落としていきます。

これを繰り返してできた足です。

完璧に同じ長さではないですが、ほぼ同じ長さになりました。

これを棚板に取り付けます。

ポケットホールを使って固定

簡単にするのであれば、棚板の上から足に向かってコーススレッドを打ち込むだけでいいです。

ですが、これを何個か重ねていくので、ビスの頭でガタつくのも嫌ですし、せっかく持っている「ポケットホール」を使いたいじゃないですか!!

この画像は足の画像ではありませんが、使い方は一緒ですね。

開いた穴の感じです。

今回は、専用ビスではなくて、普通のコーススレッド32㎜を使用します。

こんな感じです。

これを棚板に接続します。

これを左右にすれば出来上がりの超簡単な棚です。

棚というか、板切れ?

そんなんでいいのです。

ちょうどサイズがいいので。

ちなみに「バックルBOX」の裏側の4隅に脚があります。

これが

こんな感じで1×4材の幅にうまい具合にハマって、ズレにくくなるのです。

なので、この一本で十分に棚として機能するのです。

完成

こんな感じで3段にして使っています。

ではでは

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる