ゲーミングモニター「ASUS VG278QR-J」をApexLegendsの為に買ってみた

この記事は「モニター」の紹介記事です。
モニター設定は別記事で書きます。
よろしくお願いいたします。

以前にもブログで書きましたが

「ApexLegends」を、ちょこちょことプレイしています。

あわせて読みたい
下手すぎApex Legends初心者のワタクシが、初心者の方に勇気を与えたい? gシーズン9時点での記事です FPS初心者が、任天堂スイッチで「Apex Legends」を始めてハマってしまい、なぜかアンプを購入したり、PCのグラボを購入したり(これはPCで...

しかし、K/Dが「1.0」どころか「0.5」いやいや「0.1」付近を、うろちょろしています。

視力みたいです。

そんな下手過ぎなプレイヤーですが、楽しんでますよ。

そんなワタクシが、一番初めに手を付けたのが「マウス」

あわせて読みたい
ApexLegends 脱初心者を目指して「G502」マウス設定「Logicool G HUB」 ゲーミングマウスなる物を購入しました。 https://anytimediy.net/logicool-g502-hero/ これを機会に適当にしていた「ApexLegends」のマウス設定を、細かく見ていこうと...

かなり操作がし易くなりました。

お次は「キーボード」

あわせて読みたい
Logicool「G813 リニア」ゲーミングキーボードを「ブログ」の為に購入してみた 先日、ゲーミングマウス「G502 HERO」を購入した訳ですが https://anytimediy.net/logicool-g502-hero/ 今回、新たにゲーミングキーボード「Logicool G813」を購入しま...

これはブログの為に買い替えたのですが、当然、ゲームの役にも立ちます。

そして今回は・・・

「モニター」です!!

まぁ、今まで使用していたモニターも10年選手・・・。

ゲーム用と言う訳ではなく、普通のモニター。

安くて解像度がその当時「いいな」と感じたので購入しました。

しかし、ゲームをするに至っては、画面が小さくて見えない~。

ワタクシの索敵能力の無さなのですが・・・。

ゲームの技術では無く、ギアの力を借りるワタクシ。

結果は果たして・・・?

目次

今までのモニターと比較

今までは「UNITCOM LCD19」と言うモニターを使っていました。

専門的な作業をするわけでもなく、普通の一般家庭で、普通にパソコンを使用するには、今でも全く問題ないモニターだと思います。

作業用サブモニターとして、ブログ書いてる時に動画を再生させとモニターとしてなど、今後も使っていきたいです。

スペースの問題で、まだ撤去したままですが・・・

で、新たに購入したモニターと簡単に比較していきます。

ASUS VG278QR-J UNITCOM LCD19
モニターサイズ 27インチ 19インチ
アスペクト比 16:9 16:10
最大解像度 1920x1080 1680x1050
輝度 400cd/㎡ 300cd/㎡
コントラスト比 1000:1 1000:1
応答速度 0.5ms 5.0ms
リフレッシュレート 165Hz 60Hz
視野角 170°/160° 170°/160°
周波数 195~195 KHz (H)
40~165 Hz(V)
(DisplayPort)
30~80 KHz (H)
56~75 Hz(V)

比較とすれば、こんな感じですかね?

さすがゲーミングモニターと言うべきか、応答速度とリフレッシュレートが違います。

そうは言っても、LCD19の仕様がこれぐらいしか分からないです。

取説は、ちょっと前まで置いてたのですが、不要と思って破棄しました。

正直、ワタクシはモニターサイズとリフレッシュレートぐらいしか見てません。

解像度ですが、LCD19を購入した時は「画面が広がった」と、かなり感動した覚えはありますが、今回は、あまり感動はなかったです。

ちょっと悲しかった・・・。

ASUS VG278QR-J 開封です

まぁ、一番初めに感じたのは「でっか」です。

普通に考えて、27インチって大きいですね・・・。

結婚した当初は「薄型液晶ワイドTV」って感じの売り文句で「ワイドTV」って言ってましたよ・・・。今では当たり前ですけど、4:3のブラウン管のテレビからすれば、同じインチ数でも小さく感じて、非常に違和感を感じてた記憶です。

20インチの液晶テレビを購入した思い出です。

パッケージです。

玄関前に置き配してもらったのですが、すぐに家の中に入れました。

開封です。

付属品が見えます。

きれいに梱包されて入っています。

当たり前?

まずは付属品です。

HDMIケーブルDisplayportケーブル。電源、オーディオケーブルです。

Displayportケーブルが付いてて、ありがたいです。

あと、取説が入ってましたが、詳しい説明は書いて無かったです。

モニターの台座です。

しっかりした重さがあります。

「NVIDIA G-SYNC」対応品であるステッカーが貼ってます。

まぁ、ワタクシの「GTX970」では対応していないっぽいですが・・・。

台座の裏側です。

ドライバーレスで取り付けできるのは嬉しいですね。

接続端子です。

モニターの角度調整の根本部分と、台座に接続する部分です。

本体右側の裏に各種スイッチと、左側にモニター盗難防止のロックが付けれるようになってます。

早速、モニターをPCデスクに置きます。が、その前に、今までのモニターの写真です。

19インチで、こんな感じです。

これが

どど~ん。と、こんな感じになりました。

高さ調整・上下左右の角度調整・縦回転など、調整の幅は広いです。

スピーカーが完全に隠れてしまった・・・。

センタースピーカーの高さにも迫る勢いです。

27インチは大きすぎたかな・・・。

大きすぎると、視点移動に時間がかかるので、FPSゲームだと不利になるかも?

大型モニターでよく見る湾曲モニターって、この視点移動を考えての事なのかな~?

後は、電源とDisplayportケーブルをパソコンに繋ぐだけです。

ちなみに、ワタクシはHDMIケーブルでAVアンプ「DENON AVR-X1600H」を経由して、ディスプレイに接続してましたが、アンプのリフレッシュレートの最大出力が「60Hz」なので、今回のモニターはアンプを経由せずに、パソコンに接続しました。

パソコンの音声をアンプ経由でスピーカーから出力しているので、アンプに接続しているHDMIケーブルはそのままです。

モニター設定を見てみる

さて、詳しい説明書が入っていない状態だったので、とりあえず触ってみます。

モニター右裏側にある、黒丸のスイッチを押します。

「Game Visual」

プリセットされてる、各種ゲームに最適なモードを選べる感じになってます。

  • シーンモード
  • レースモード
  • 映画モード
  • RTS/RPGモード
  • FPSモード
  • sRGBモード
  • MOBAモード

各モードの説明は、後述しています。

ブルーライト低減

ブルーライトをカットするレベルを選べます。

が・・・

上の画像は「MOBA Mode」にしています。

その状態で、ブルーライト低減レベルを変更すると

バックが青なので見にくいですが「レースモード」に、勝手に変更されてしまいます。

これは、「レースモード」以外のモード全てに該当します。

その為、ブルーライト低減は「レースモード」のデフォルト値がインポートされるみたいないので、ブルーライトカットを使用する場合は、ここから自分好みの設定に変更していかないとダメみたいです。

サウンド

サウンド設定です。

この画面では調整しないと思いますが、ボリュームとミュートが出来ます。

また、音声入力ケーブルを選択できます。

ワタクシはアンプ経由なので、使わないですけど

入力機器

モニターに出力するケーブルを選びます。

入力端子は一つずつなので、一つのケーブルに一つの機器ですね。

ワタクシはパソコンをDisplayportケーブルで接続しています。

もし、このモニターにHDMIケーブルで他のゲーム機などを接続した場合は、切り替えができますね。

ワタクシは、他の機器はサラウンド再生する為に、アンプ経由での接続になるので、HDMIケーブルはモニターへの映像出力の為に、アンプと接続します。

もし、今後、PS5などを購入した場合はHDMI切り替え機が必要ですね。

システム

システム設定画面です。

初めは英語表示だったので、ここの「言語」で日本語を選択しました。

それ以外はそのままですかね?

このメニュー画面が消える秒数の設定をするぐらいかな?

My Favorite

自分好みの画質設定を行った場合、ここで保存しましょう。

で、その画質設定などにいきます。

色と画像

ここでモニターの明るさやコントラストなどを変更できます。

ただし、各モードによって設定できる項目が違います

ワタクシのモニター設定(Windowsとグラボの設定含む)では、アスペクトコントロールとELMBの設定は、すべてのモードにおいて設定不可です。

ELMB(DisplayPort/DVIのみ):ELMB(Extreme Low Motion Blur)機能は、基本的にはリフレッシュレートが85・100・120Hzの固定時に使用できるみたいです。
シーンモード

風景画像を表示するときに適しています。

全ての色の調整ができます。

画像調整も、全てが調整ができます。

  • 鮮明度:鮮明度の調整です
  • Trace Free:モニターの応答時間の調整
  • アスペクトコントロール:アスペクト比をフル画面・4:3に調整
  • Vivid Pixcel:映像の輪郭を強化して、高品質画像を生成
  • ASCR:ASUSスマートコントラスト比のオン・オフ
  • Adaptive-Sync/FreeSync:省エネ・縦ブレ防止・低レイテンシーディスプレイアップデートを行うために、標準コンテンツのフレームレートを元にディスプレイのリフレッシュレートを調整する機能のオン・オフ
G-Sync、Adaptive-Sync、Free Sync、ELMBなどなど、いっぱいアルファベットが出てきますが、どうやら各メーカーが独自にスッタタリング(カクツつき)やティアリング(ブレやズレ)を防いでくれる機能の名称みたいです。それぞれのメーカーが色々な方法で、画面を見やすくする技術の為、詳しく言うと手法は違うみたいですが、漠然と理解する程度なら、この考え方でいいと思います。
しかし、使用するに当たって、グラボやモニター、OSなどが対応している必要があるみたいで、必ずしも使用できる訳ではないです。
ちなみにワタクシのグラボはGTX970なので、モニターは対応品ですが、NVIDIAのG-Syncは利用できないっぽいです。(設定画面でも出てきません)
レースモード

レースゲームをプレイする時に適しています。

彩度・肌の色合いが調整不可です。

鮮明度・ASCRが調整不可です。

映画モード

映画鑑賞に適しています。

全ての調整が可能です。

こちらも全ての調整が可能です。

RTS/RPGモード

RTSゲームやRPGゲームをプレイする時に適しています。

全ての調整が可能です。

こちらも全ての調整が可能です。

FPSモード

FPSゲームをプレイする時に適しています。

全ての調整ができます。

こちらも全ての調整ができますね。

sRGBモード

パソコンの画像やグラフィックを表示する時に適しています。

「Smart View」のみの設定ができます。

ワタクシは全てのモードでオフですけどね。

画面が白っぽくなるので。

鮮明度、ASCRが調整不可です。

MOBAモード

MOBA(マルチオンラインバトルアリーナ)ゲームに適しています。

ワタクシは特にオンラインゲームに詳しい訳ではないで、どんなゲームなのだ?と、思うばかりです・・・。

白黒みたいな画面になります。

彩度、肌の色合いが調整不可です。

鮮明度、ASCRが調整不可です。

色々と設定ができますが、煮詰めていくには、かなりの時間と労力が必要になりますね。

なので、ワタクシは、とりあえずデフォルトのレースモードでプレイしています。

ゲームの腕前が上がって、満足できなくなってきたら(これがこうなればもっといいのに。と、わかるようになってから)、調整していきたいと思います。

Game Plus機能

使い方によっては、ゲームを有利に?進めることが出来る機能?

ポインターとタイマー、FPSカウンターをディスプレイ整列。

ポインターは、モニターの真ん中に(位置調整可能)サイトを表示できます。

以上のサイトをモニター上に常に表示されるので便利です。

タイマーは、タイマーですね。

FPSカウンターもfpsを表示してくれますが、モニターの機能で表示される方は少ないのではないでしょうか?

ディスプレイ整列は・・・、よくわかりません。

こんなぐらいですかね?

あと、ディスプレイの裏側にあるボタンは、モード切替が簡単に出来るボタンと、電源ボタンです。

基本的に、モニターで調整できる箇所は、特にいじっていません。

グラボの設定で調整しています。

調整と言っても、大したことはしていませんが・・・。

また、長くなるので別記事で書こうと思います。

ではでは・・・

あわせて読みたい
下手過ぎ「ApexLegends」素人プレイヤーがゲーミングモニターの設定で挽回を企てる はい。 下手過ぎ「ApexLegends」プレイヤーです。 https://anytimediy.net/apex-legends-poor/ テクニックの向上を頑張る中、やはり操作する為のアイテムも重要です。 ...

 


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる