アレクサ「echo auto」とダイソー「USBミニスピーカー」が、コスパ最高

100均なDIY

こんな使い方する人いるの?

って思いながら、Amazonアレクサ「echo  auto」色々と遊んでいるワタクシです。

アレクサ「echo auto」と、AVアンプ「DENON AVR-X1600H」
色々と「echo auto」で遊んでいる訳ですが、 これも、そのうちの一つです。 「echo auto」があれば、アンプに簡単接続 DENON「AVR-X1600H」ですが、基本的にはPCに接続しているので、Ama...
アレクサ「echo auto」を「Bluetoothレシーバー」を使って接続
Amazon アレクサ「echo auto」を購入して、車に接続したのですが ワタクシのナビは、Bluetooth非搭載なのです。 その為、AUXでの有線接続で使用を試しました。 しかし、ワタクシは、かなり以前に「...

色々と遊んでいくうちに、何か可能性が出てくるかもしれません。

今回は、コスパ重視で、音楽を流せる方法を試してみました。

ダイソー「USBミニスピーカー」と「echo  auto」

「echo auto」は、Bluetooth接続以外でも、AUX端子から音声出力ができます。

その為、Bluetoothスピーカーが無い部屋でも、簡単にアレクサが体験できるかの実験でもあります。

これが成功すると、「echo」などの、スピーカー付きアレクサ端末を購入しなくても、持ち運びができる「モバイルアレクサ」とでも言いましょうか?

として、利用範囲が広がります。

まぁ、そこまでして無理に使う必要はないのですが、今更ながら、現在進行形で、家の「IoT化」を進めているので、アレクサの利用できる範囲が広がれば、何かと応用が効くかな〜と思っての、遊び心です。

その為、ワタクシの大好きな「ダイソー」で、スピーカーを購入して、便利かどうかの検証です。

ダイソー「USBミニスピーカー」

Bluetoothスピーカーも販売されているので、便利さでいくと、そちらの方がいいですね。

バッテリーも内蔵で、配線要らずなので・・・。

しかし、ワタクシは敢えての有線接続です。

なんとなく、左右で分かれている方が「ステレオ」って感じがして、好きだからです。

しかし、こちらのスピーカーですが

「USB」と、ありますが、この「USB」は、電源を取るための「USB」であり、「USB」から音声を拾える訳ではありません。

ご注意ください。

まぁ、可愛らしい大きさのスピーカーです。

どちらが右で、どちらが左なのかは、記載がありません。

まだ、じっくりと見ていないので、もしかすると、どこかに書いてるのかもしれません。

片方の裏側には、ボリューム調整用のダイアルがあります。

3W x 2

インピーダンスは6Ωです。

DEONON「AVR-X1600H」も、6Ωのスピーカーには対応しているので、これを7個集めて、スピーカーラインに交換して、繋げれば「7.1ch化」できるのか、試したい気持ちもあります。

とりあえず、音が出るスピーカーが欲しい。という場合は、安くていいかと思います。

アレクサ「echo  auto」と接続

接続と言っても、AUXケーブルで繋ぐだけです。

まぁ、失敗する事もなく、普通に音楽は流れました。

しかし、低音は全くと言っていいほどデスね・・・。

ワタクシのスマホのスピーカーは、モノラルスピーカーなので、それに比べると、音の聞き取りやすさはいいですし、「Amazonプライムビデオ」を再生して、echo経由でこのスピーカーから音を出すと、スマホで音を出した時に比べては、格段に聞き取りやすさは増しました。

そうなのです。

「Amazonプライムビデオ」で再生した映画の音声も、「echo  auto」経由で、このスピーカーから音が出せたのです。

これは中々、嬉しい事ですね。

あまり機会はないかもしれませんが、キャンプやバーベキューの時に、Amazonミュージックはもちろんの事こと、映画などを再生しても、屋外でスピーカー経由で音が聴ける。

使い道は、ありそうです。

しかも、300円(330円)で購入できるのです。

コスパ最強です!!

外での電源はどうやって確保するの?

でスカ・・・。

これも「100均」で解決です!!

セリア「USB変換アダプター」

たまたまか不明ですが、欲しい変換アダプターがダイソーには売ってなかったのです。

なので、今回はセリアで購入です。

「echo  auto」の、電源USBケーブルの「オス」部分に、本製品を挿します。

そして、スマホへ接続です。

そして、スマホの設定画面で

OTG接続をオンにすると、「echo auto」に電気が供給されて、電源がオンになります。

モバイルバッテリーを複数個、持っているのであれば、スピーカー・端末に繋いであげればOKですね。

USB電源で駆動する機器のメリット?です。

そして、今現在、昔のCDラジカセや、ミニコンポなどが余っている。

アレクサや、HEOS対応のアンプやオーディオを持っていないけど、昔のオーディオは手持ちである。

そういった場合でも、AUXで接続すれば、お手軽アレクサ端末の出来上がりです。

本当に、使い道が多い「echo  auto」です。

アレクサ「echo auto」で感じた、可能性と拡張性で遊んでみます
「echo auto」は、Bluetooth接続できるナビ・オーディオでなくても使用できます!!諦める必要はありません。その方法も、この記事で書いています。 Amazonから発売中の「アレクサ echo auto」 車内でも「アレク...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました