旧パソコン(自作)でApexLegendsをプレイするためにグラボ(GTX970)購入

最高の環境で最高のパフォーマンスを出す為の記事ではありません。
10年前のパソコンで、初めてゲームをプレイするには、そこまで考える必要が無く、お金が掛からなかった。という記事です。

任天堂スイッチで初めて「ApexLegends」をプレイしました。

これにハマり、任天堂スイッチで5.1chを体験したくて(銃声の音などで敵位置が本当に把握できるのか?)アンプを購入

あわせて読みたい
アンプ素人が「DENON AVR-X1600H」を任天堂スイッチのゲームの為に購入、そして接続 前回、任天堂スイッチでリアルサラウンドを楽しむ為に、試行錯誤した記事を書きました。 https://anytimediy.net/avr-x1600h/ かなり昔に購入したサラウンドシステムが...

すると、解像度とfps(フレームレート)の向上に興味を持ち、PCでゲームをしたくなった訳です。

任天堂スイッチで「ApexLegends」をプレイしたのみの感想で言うと、

「画像がぼやけてる」

「敵が見えない」

これは、ApexLegendsを、パソコンでプレイした事がなかったのですが、第一番に感じました。

キャラがぼやけてる・・・。

でも、楽しかった・面白かったのです。

前からFPSに興味があったのもあり、ゲームは好きでした。

しかし、

パソコンで本格的にゲームした事が無かった!!

5インチフロッピー時代はパソコンでゲームをしていましたが、ファミコンを経て、スーパーファミコンやPCエンジン・メガドライブ・ネオジオ・プレステなどの家庭用ゲーム機が普及していった時代だったので、当時、小学生から中学生のワタクシの頭ではパソコンゲームは難しかったのです。

それに当時は、パソコンゲーム(パソコンを持ってる事自体)は「オタク」とか「エロゲーの為」と言われて肩身が狭かったのです・・・。

それ以来、パソコンゲームは全く経験していませんでした。

あわせて読みたい
Logicool G502 HERO ゲーミングマウスと普通のマウスの使用感 ApexLegendsを楽しんでいます。 パソコンでゲームをするのが初めてのだったので、キーボードもマウスも、今までの普通のタイプで十分。そう思っていました。 しかし、ゲ...
あわせて読みたい
ApexLegends 脱初心者を目指して「G502」マウス設定「Logicool G HUB」 ゲーミングマウスなる物を購入しました。 https://anytimediy.net/logicool-g502-hero/ これを機会に適当にしていた「ApexLegends」のマウス設定を、細かく見ていこうと...

そんなワタクシがパソコンゲームをプレイするために行ったことです。

目次

パソコンでゲームをするにはスペックは大事ですが・・・

メーカー商品のパソコンが、どのような性能を持っているのかワタクシは知りません。

昔は好きで、パソコン関係の雑誌を購入していましたが、20年以上前の話です。

その為、今現在に販売されている「メーカーパソコン」で、すぐにゲーム出来るのかも不明です(ゲーミングパソコンは除く)。

ワタクシのパソコンは、約10年前に発売されたマザーボードを使用した自作パソコンで、それ以前も自作パソコンを使用していました。

そして、今も10年前のマザーボードを使用しています。

事務作業やスマホの写真を取り込んだりするのには、今でも全く不自由がありません。

会社が購入した2年前のパソコンより、Windowsの立ち上がりも速いです。

そんなこともあり。自作パソコンのバージョンアップを考えたことも無かったです。

そんなパソコンで「ApexLegends」をプレイしたいと思ったのです!!

そして、出来ました!!

パソコンを買い替える事無く、最小限の出費でプレイする為の奮闘記です。

現状のパソコンのスペックを確認

10年前のマザーボードです。

  • マザーボード:ASUS「P8Z68-V/GEN3」
  • メモリー:8GB(DDR3:4GBx2)
  • CPU:Intel(R) Core(TM) i5-2500K CPU @ 3.30GHz 3.30 GHz
  • グラフィックボード:無し(標準:Intel(R)HD Graphics 3000
  • OS:Windows 10 Pro

グラボを購入する前のスペックです。

これにグラボを追加しただけです。

「追加しただけ」ですが、このグラボを何にするかが問題です。

10年前のマザーボードです。

最新のグラボを購入しても、動作するか不明です。(多分、動作しない)

それに予算も限られています。

その上、今現在(2021年4月)では、数か月前に仮想通貨のビットコインが値上がり、マイニング需要によりグラボが高騰中!!(数か月前の50万台だったときに購入してればよかった・・・)

調べれば調べるほどに、何がいいのか訳が分からなくなります。

パソコンでのゲーム挑戦には初めてですし、グラボの事を調べた事も無かったので・・・。

しかし、購入して気付きましたが、検索結果でトップにでてくるブログなどは、経験者や、最高の環境で最高のfpsを出すための記事が多いです。

ワタクシは「ソコソコ」で満足なのです。

10年前のパソコンでゲームするなら

「買い替えろ」

が、一番の意見かもですが、そんな予算はありません。

そんな「ソコソコ」を目指してグラボを購入しました。

玄人志向 NVIDIA GEFORCE GTX970

購入したグラボはこれです。

中古です。

本当は「msi GTX980」が欲しかったのですが、高すぎて断念しました。

詳細はこちら玄人志向HP

実はもう一つ、グラボを購入しました。

「ZOTAC NVIDIA GTX 1050Ti」

詳細はこちらZOTAC HP

こちらは新品(未使用品?)

2枚のグラボを購入するなら「GTX980」を買えるだろ?

そうなんですが、1枚のグラボで予算を使い切ると、マザーボードとの相性(古いので特に)で、使用できなかった時のリスクが大きいのです。

なので、2枚購入しました。

発売時期的には「GTX 1050Ti」の方が新しいのですが、性能的には「GTX970」の方が上と、調べた結果です。

実際に、片方は中古で片方は新品ですが、価格的にはほぼ同じでした。

ちなみに「GTX970」を使用して、「1050Ti」は使っていません。

グラボの取り付け

グラボをマザーボードに取り付けです。

その前にグラボの写真です。

中古だったので、キズや埃などは覚悟していたのですが、新品みたいな感じでした。

まぁ、一度、取り付けすると、ケースの中に存在するだけなので、当たり前かもですが。

感想は「重い」そして「でかっ」でした。

かなり、ずっしりとした重量感。

裏側です。

この鉄板?もグラボ冷却を担ってる?かは不明ですが、基盤を触れる事無く。持てるのがいい感じです。

出力端子です。

これをマザーボードに取り付けです。

PCI-Express3.0(x16)の端子です。

このグラボは2スロット分のスペースが必要です。

その為、画像下のスロット「PCI-Express1.0」は使用できなくなります。

また、このグラボは2か所の「x16」のカードが差せるようになっていますが、もう一か所のスロットは「x8」でしか作動してくれないので、注意が必要です。

このマザボに限らず、こういった設計のグラボは多くあるみたいです。なので、「こっちの方がスペースにゆとりがあるから、こっちに差そう」と考えずに、マザボの説明書をよく読んで取り付けましょう」

ちなみに「x16・x8」とは何?ですが、ワタクシは詳しいことは分かりません。

とりあえず「倍速」と考えましょう。

16倍速・8倍速とか・・・早送り出来る。

だから、処理速度も速い。そんな認識でいいと思います。

差し込んだ画像です。

めちゃでかいです。

ボードの右端にSSDがあるのですが、電源コネクターにギリギリで、あやうくSSDの場所を移動させる必要がでてくる所でした。

あとは補助電源を接続するだけです。

補助電源は6Pと4Pのコネクターが必要です。ワタクシの電源コネクター4Pの空きは有りましたが6Pが無かったのです。その為に

本体付属の変換ケーブルを使用します。

今回の中古品は付属品が全て残っていたので良かったです。もし無ければ別途、購入が必要です。グラボで補助電源が必要な場合は、コネクターの余りも確認しておきましょう。

後は、モニターと接続するだけです。

ワタクシはアンプを経由して、モニターです。

が、画面が真っ黒です。

映りません。

マザボのHDMI端子に繋ぎなおしました。

映ります。

ディスプレイの詳細で確認しても、認識していません。

あれ?失敗?

では、ありません。

ドライバーを入れましょう。玄人志向のHPにも

※同梱のディスクにドライバファイルは含まれていません。
ドライバは、同梱のディスクからGEFORCE EXPERIENCEをインストールし、GEFORCE EXPERIENCEを使ってインストールを行うか(要インターネット)、
NVIDIAのサイトからダウンロードをしてください。

とあります。

焦らずにドライバーをインストールしましょう。

無事にモニター出力されました。

成功です。

「ApexLegends」がプレイできるか試す

グラボを購入する前に、グラボ無しでプレイできるか試していたのですが、当然と言うか、プレイできませんでした。

グラフィックがダメです。

みたいな警告文が出てきていました。

HPによる必要作動環境は

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
  • RAM: 6GB
  • GPU:  NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
  • GPU RAM:  1GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

です。一応、CPUの世代(i3-6300の「6」の数字が大きいほど新しい商品・世代)以外はクリアです。

推奨作動環境は

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel i5 3570Tおよび同等品
  • メモリ: 8GB
  • GPU:  Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
  • GPU RAM:  8GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

グラボは同じ。CPU以外はクリアしています。

無事に起動できました!!

プレイも出来ました!!

画面も、このスペックのパソコンでも任天堂スイッチの、ぼやけた画面ではなく、くっきりはっきりです!!

比較対象が任天堂スイッチのApexLegendsなので、ゲーミングPCみたいに奇麗では無いと思いますが、満足です。

最後にApexLegendsのビデオ設定です

fpsゲームの場合は、FPSを重要視するかもしれませんが、ワタクシのモニターもアンプも「60p」と「60Hz」なので、「目標fps」は「60」に設定しています。

この「解像度適応の目標fps」とは

設定したfps以上のレートが出た時は、他の設定を自動で行い、画質を向上して、設定したfps以下になった場合は、画質やエフェクト設定を落として、fpsの維持をしてくれる。みたいです。

以上、無事にグラボをインストール・ゲームプレイができました。

ではでは・・・

参考までにFFのベンチマークは?

PCゲームのベンチマークを測定する時に、よく見る「FFベンチマークテスト」

ワタクシもやってみたので、参考までに・・・

標準でも「ソコソコ」いけそうなのかな?

そもそも、パソコンでゲームをプレイしていなかったので、ワタクシのパソコンで、この数値が良いのか悪いのか普通なのかが・・・。

よく「FFベンチテスト」と見かけるので、試してみた次第です。

ではでは・・・

あわせて読みたい
下手すぎApex Legends初心者のワタクシが、初心者の方に勇気を与えたい? gシーズン9時点での記事です FPS初心者が、任天堂スイッチで「Apex Legends」を始めてハマってしまい、なぜかアンプを購入したり、PCのグラボを購入したり(これはPCで...

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日常のあらゆる事や趣味、当たり前の行動はすべてDIY。そんな他愛もない事や、ちょっと深いDIYなどなどを記事にしていこうと頑張ります
根拠の無い自論が多くて、前置きが長いのが特徴です

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる